「宮保鶏丁」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
| カタカナ=ゴンバオジーディン
}}
'''宮保鶏丁'''(ゴンバオジーディン)は中国の[[四川料理]]の一つ。[[鶏肉]]と[[ラッカセイ|ピーナッツ]]のピリ辛炒め。鶏肉を使った[[料理]]である。
 
宮保鶏丁は別名宮爆鶏丁ともいわれる(宮保と宮爆はどちらも[[発音]]が同じ)。宮爆の意味ははっきりしないが、料理の作り方の名称や、人の名前からついたとも言われる。
 
「丁」は[[中国語]]で「さいの目に切った」と言う意味である。さいの目に切った[[鶏肉]]、[[キュウリ]]に[[ピーナッツ]]、[[トウガラシ|鷹の爪]]を加え炒める。
 
宮保鶏丁は[[四川料理]]の中でもっともポピュラーな料理の一つである。そのため中国の[[レストラン]]では四川料理を扱っていなくても[[メニュー]]に載っていることが多い。多くのレストランでは[[ピーナッツ]]を使うが、高級レストランではピーナッツの替わりに[[カシューナッツ]]を使うこともある。
 
=== その他 ===
中国初の有人[[宇宙飛行]]を行った[[神舟5号]]には、[[宇宙食]]として[[八宝菜]]や[[緑茶]]のほかに[[宮保鶏丁]]が用意されていた。
 
{{DEFAULTSORT:こんはおしいていん}}
363

回編集