「トムヤムクン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: id:Tom yam)
m
{{Otheruses|'''スープ'''|2006年公開のタイ映画|トム・ヤム・クン!}}
[[Image:Tom yum.jpg|thumb|250px|トムヤムクン]]
'''トムヤムクン''' ('''ต้มยำกุ้ง''', '''Tom yam kung''') は、[[辛味]][[酸味]]、複雑な香りが特徴的な、[[タイ料理]]を代表する[[スープ]]。
 
「トム (ต้ม)」は煮る、「ヤム (ยำ)」は混ぜる、「クン (กุ้ง)」は[[エビ]]のこと。エビ入りトムヤムスープという意味であり、他にも[[鶏肉]]や[[イカ]]等、他の食材入りのトムヤムスープもある。鶏ならトムヤムガイ、イカならトムヤムプラームックとなる。
 
[[世界三大一覧#食|世界3大スープ]]の1つとされるが、その話は初めて[[日本]]にトムヤムクンを持ち込んだ業者が、売り込みのために創作した[[キャッチコピー]]であるという説もある。ちなみに、後の2つは[[ブイヤベース]]と[[ふかひれ|フカヒレ]]のスープとされることが多い。(トムヤムクンの代わりに[[ボルシチ]]とする場合もある。)
 
==作り方==
#[[エビ]]の殻と身を分ける。
#エビの殻と[[レモングラス]]、バイマックルー(コブ[[コブミカン]]の葉)、プリッキーヌ([[唐辛子|青唐辛子]]の一種)、カー([[ショウガ]]の一種)などの[[香辛料]]を[[チキンスープ]]で煮て、[[スープ]]を作る。
#[[ナンプラー]]、[[ナム・プリック・パオ]](チリ・イン・オイルともいう)などの[[調味料]]とマナオ([[ライム]])の[[果汁]]で味を調える。
#エビの身と[[ふくろ茸]]を入れる。
#エビに火が通ったら、仕上げにパクチー([[コリアンダー]])の葉を加える。
#お好みによって[[ココナツミルク]]を入れても良い。
 
なお、固形やペースト状のトムヤムスープの素が[[マギー]][[クノール]]などから販売されており、これを使えば簡便に作ることができる。
 
[[Category:スープ|とむやんくん]]
363

回編集