「エルヴィン・ロンメル」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
|laterwork=}}
 
'''エルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル'''('''Erwin Johannes Eugen Rommel''', [[1891年]][[11月15日]] - [[1944年]][[10月14日]])は[[第二次世界大戦]]において最も有名な[[ドイツ]]軍人の一人。砂漠のアフリカ戦線において巧みな戦車部隊の運用で戦力的に優勢なイギリス軍をたびたび打ち破り、英首相[[ウィンストン・チャーチル|チャーチル]]に「[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]以来の戦術家とまで評された。
 
[[プロイセン]]貴族ではない、中産階級出身の最初の[[元帥 (ドイツ)|陸軍元帥]]となる。
 
* カタカナ表記:エアヴィン・ロンメルあるいは英語読みでアーウィン・ロンメルカタカナ表記されることもある。日本では「エルウィン・ロンメル」と表記される事が多い。なお、Rommel のドイツにおける読み方は、「ロンメル」よりも'''「ロメル」'''に近い。
 
== 人物 ==
[[ドイツアフリカ軍団]]時代の彼は'''砂漠の狐'''と仇名され、英軍に「我等が敵ロンメルは巧みな戦術家ではあるが、人間である。あたかも彼が超自然的能力を持っているかのように評価するのは危険であり、戒めねばならない」とまで言わしめた。<!--ただし[[兵站]]に対する認識が甘く、[[戦略]]面の能力を疑問視する声もある。-->
 
ロンメルは騎士道溢れる軍人でもあり、火力で敵を押し込むハードキルより相手を霍乱する事で降伏に追い込むソフトキルを好んだ。捕虜には国際法を遵守して非常に丁重に扱った。1941年にロンメル暗殺を企図してドイツ軍施設を奇襲攻撃した英国[[コマンド部隊]]の死者を丁重に扱っている。以後も英コマンド部隊員を捕虜にせず殺害せよと命じた[[アドルフ・ヒトラー]]の命令を無視していた。ある戦いでユダヤ人部隊を捕虜にした際、ベルリンの司令部から全員を虐殺せよとの命令が下ったが、ロンメルはその命令書を焼き捨てた。彼は最後までナチス党に入信する事はなく、あくまで1人の軍人として戦い続けた<ref name="tag1">『ロンメル語録―諦めなかった将軍 』 ジョン ピムロット</ref>。
 
こういったエピソードに加え、あまりの連勝ぶりに敵軍の中にまでロンメル将軍を崇拝するものまで現れた程である。ロンメルは神に守られていると信じ込む者もおり、英国司令部が『ロンメルは人間である』と異例の布告を出した。ドイツ国内では英雄視されロンメル、その存在は士気を高めるための宣伝に大いに利用された。ある日妻にせがまれて渋々ナチスの舞踏会に参加した時は、着飾った女性たちに囲まれて身動きができなくなったという<ref>『ロンメル語録―諦めなかった将軍 name="tag1" ジョン ピムロット</ref>。
 
また、大隊長である[[第一次世界大戦]]の頃から前線に出て兵士に語りかけ、兵士の心情を理解する事に勤めた。前線に出る事は非常に危険を伴うため、一般的な高級将校は前線には出ない。ロンメル自身幾度となく危険に晒された。これは昇進後もあまり変わらなかった。北アフリカ戦線においてイタリア軍は度々ドイツ軍の足を引っ張ったが、ロンメルは苦情を言いながらもイタリアの兵士を労わった。しばしば軍団をやかましく叱責したが、兵士からは「我等が親父」と慕われていた<ref> 『ロンメル語録―諦めなかった将軍name="tag1" 』395項 ジョン ピムロット </ref>
 
ロンメルは幼年時代に航空機技術者になる夢を持っていたせいか機械に対する興味が旺盛で、気軽に軽飛行機に搭乗して偵察を行ったり、宣伝大臣[[ヨーゼフ・ゲッベルス|ゲッベルス]]からプレゼントされたカメラを愛用して欧州やアフリカで数千枚の戦場写真を残したりした。子息の[[マンフレート・ロンメル|マンフレート]]によると元々写真撮影が好きだったという。同僚からは写真家将軍と揶揄されていた。ロンメル自身が指揮装甲車の屋根からカメラを構えている姿を撮った写真も残っている。アフリカ軍団が危機的状況に陥った1943年2月にはエルンスト・ライツ社から[[ライカ]]ⅢcIII c型を送られておりいる。このカメラは現存し、ロンメルからの感謝状同社に残っている。また、このライカⅢc型も現存している。
 
戦時中においても妻と手紙による交流を欠かさず、週に毎日手紙を交わす時もあった。内容は日常的なものから戦況や同盟軍に対する不満まで書き綴っていた。その手紙は現在でも保管されている。
 
戦中の行為からナチス指導者やほかの多くのドイツ軍人が非難されるなか、ロンメルだけはドイツのみならず、敵国であったイギリスやフランスでも肯定的に評価される事が多い。
 
== 生い立ち ==
ドイツ南部の[[バーデン=ヴュルテンベルク州]]の[[ウルム]]から 約50km ほど離れた小さな町、ハイデンハイムで[[プロテスタント]]系の高等学校々長のエルヴィン・ロンメル(シニア)とヘレーネ・フォン・ルツの次男として生まれた。
 
ロンメルにはカールとゲアハルトという二人の兄弟と、妹ヘレンがいた。ロンメルは後に「私の幼少時は非常に幸福だった」と述懐している。ロンメルはエンジニア志望だったが、父親に教師か陸軍士官になれと選択を迫られ、[[1910年]]に[[ヴュルテンベルク王国]]の第124歩兵連隊に入営、プロイセン王国の[[ダンツィヒ]]王立[[士官学校]]に進んだ。
 
ロンメルは[[ダンツィヒ]]の[[陸軍士官学校]]時代の[[1911年]]にルーシー・モリンに出会い、[[1916年]]に結婚した。[[1928年]]に息子のマンフレートが生まれているが、彼は戦後[[シュトゥットガルト]]の市長を長年務めている。
 
1911年11月、ロンメルは士官学校を卒業し、1912年1月に[[少尉]]に任官した。後年、歴史家のジョン・ビーアマンとコリン・スミスは、ロンメルが[[1912年]]にヴァルブルガ・シュテマー(Walburga Stemmer)との間にゲルトルートという名の娘をもうけたという研究を発表している。
第一次大戦後、[[ヴェルサイユ条約]]により10万人に限定された陸軍に選び残されたロンメルは、[[ドレスデン]]歩兵学校([[1929年]] - [[1933年]])、[[ポツダム]][[歩兵学校]]([[1935年]] - [[1938年]])の教官を務めた。
 
[[プール・ル・メリット勲章]]を授章した山岳戦の経験を著した『歩兵攻撃(''Infanterie greift an'')』は[[1937年]]に出版され、50万部を売り切った。ヒトラーも読者のひとりであった。
 
[[1938年]]には大佐に昇進、[[ウィーン]]郊外の[[マリア・テレジア]]女王の名を冠する[[陸軍士官学校]]校長に任命された。[[1939年]]には総統警護大隊 (F&uuml;hrer-Begleitbataillon、FHQ)の指揮官に任命されて、[[ポーランド侵攻]]では前線近くに停められた総統専用列車「アメリカ」の警備にあたった。ロンメルは[[ポーランド侵攻]]前の[[8月1日]]に遡及して[[少将]]に昇進した。
== 第二次世界大戦 ==
===フランス===
[[1940年]]5月に開始されたフランス・ベネルックス諸国への[[ナチス・ドイツのフランス侵攻|西方電撃戦]]では第7装甲師団長を務めた。真っ先に[[ムーズ川]](ミューズ川)を渡り英仏軍をフランス本国から切り離す一番槍をつけ、[[アラス]]で[[シャルル・ド・ゴール]]大佐らが率いる英仏戦車隊の反撃を撃退するなど、連合軍に'''幽霊師団'''と仇名される神出鬼没の働きで勇名をはせ、中将に昇進した。自ら偵察機や指揮装甲車に搭乗して最前線で指揮を執り、兵士と苦楽を共にする彼の用兵術は、ドイツ軍人精神の模範とされ、兵士に実力以上の能力を発揮させた。最終的にロンメルの指揮する[[第7装甲師団]]は9万人の捕虜を獲得し、損害は戦死682名、戦車42両のみであった<ref>『ロンメル語録―諦めなかった将軍 』102項name="tag1" ジョン ピムロット</ref>。
 
[[ダンケルクの戦い]]ではロンメルの軍団含むドイツは敗走する連合軍40万をフランスのダンケルクまで追い詰めた。ロンメルは英国の本格的な反撃が始まる前にこれを殲滅し、英国に上陸すべきだと主張したが、空軍元帥[[ヘルマン・ゲーリング]]の失態により連合軍の撤退をみすみす許してしまった<ref>『ロンメル語録―諦めなかった将軍 name="tag1" ジョン ピムロット </ref>
 
[[Image:Rommel_at_a_staff_conference_in_the_Western_Desert.jpg|250px|thumb|戦況について話し合うロンメル(左端)(1942年、北アフリカ)]]
===北アフリカ戦線===
[[北アフリカ戦線]]は当初ドイツとは全く関係のない戦線であった。古のローマ帝国を再興したいと思っていた[[ベニート・ムッソリーニ|ムッソリーニ]]の命令の元、イタリア軍は[[1940年]]9月13日にイタリア領リビアからエジプトに攻め込んだが、進撃ははかばかしくなかった。英軍はその年の年末に大規模な反攻作戦を発動し([[コンパス作戦]])」を発動し、イタリア軍は捕虜13万人を出す惨敗を喫する。イタリア軍は占領地を手放したばかりかイタリア領リビアにまで攻め込まれてしまい<!--(同じ時期、イタリアはアルバニアからギリシャに攻め込んだがそこでも同地の英軍に撃退され、アルバニアまで攻め込まれている)-->、アフリカにおける枢軸軍の命運は尽きたように思われた。ロンメルは残余のイタリア軍を支援し、リビア(アフリカ)を保持するために、北アフリカに派遣されたのである
 
イギリス軍は北アフリカ戦線を戦局を左右する重要な戦場とみなし、多くの海軍と度重なる増援を派遣したが、ドイツは[[バルバロッサ作戦]]や[[スターリングラード攻防戦|スターリングラード]]にほぼ全軍を投じソ連軍と死闘を繰り広げていたため、北アフリカどころではなかった。こうした点で常に優位に立つ英軍に比べ、海軍力で劣る上にり、マルタ島からの爆撃で海上補給路を脅かされている上に良好な港湾施設を持たないロンメル軍団は常に補給の危機に晒された。更にロンメルの保有するドイツの機甲師団は僅かに2個師団のみで、残りの大半は、保有するのは旧式戦車を保有した上、旧式装備で機械化されておらず、戦いが起きて劣勢になるとすぐに逃げ出すイタリア兵だった。イタリアそれを含めても軍団は4個師団で、これはイギリス軍の兵力を度々下回った。こうした極めて劣悪な条件にも拘らず、巧みな戦術<ref>歩兵が防御している間に装甲師団が敵を迂回包囲する「一翼包囲攻撃」</ref>などの巧みな戦術で連合軍を次々に撃破した。補給が十分に行われない点は、敵の戦車や補給所を鹵獲する事で解決した。
 
1941年2月6日に専用機で北アフリカに到着したロンメルは、主力である[[ドイツアフリカ軍団]](''Deutsches Afrikakorps'',略称''DAK'')を率いて3月に反攻を開始。リビアの都市[[ベンガジ]]を奪回し、トブルクを包囲した([[トブルク包囲戦]]を開始した。包囲を突破しようと侵攻してきた連合軍の増援を撃破し<ref>[[バトルアクス作戦]]</ref>」で撃破し、[[ガザラの戦い]]では2倍以上の兵力を用いて反攻してきたイギリス軍を壊滅させた。
 
ロンメルはアフリカでの戦果が評価され1941年に装甲兵[[大将]]に昇進。1942年10月にはドイツ軍史上最年少で[[元帥]]に昇進した。元帥昇格は[[ベルリン]]のスタジアムの盛大なナチ党集会の中で行われた。このときロンメルは栄光の絶頂にあった<ref> 『ロンメル語録―諦めなかった将軍name="tag1" 』272項 ジョン ピムロット </ref>陸軍大学出身でもなくプロセイン出身でもない中流家庭出身の将軍が、元帥に昇格したのはロンメルただ1人であるしかしこの昇進が軍上層部の嫉妬を買い、後の暗殺事件の首謀者の濡れ衣を着るのであこととな<ref name="tag2">『ロンメル将軍―砂漠の狐』213項</ref>
 
[[1942年]]、ロンメルはトブルク攻略に成功しエジプトに侵攻。連合軍最後の主要拠点である[[エル・アラメイン]]に迫った。エル・アラメインこの地を落とせば北アフリカの大規模な軍港はすべて陥落した事になり、連合軍を北アフリカから追い出すことが可能だった。だがロンメル軍団の戦力は旧式イタリア戦車や鹵獲戦車を含めた300両、それに加え燃料や弾薬の欠乏という悪条件で、だった。対する連合軍は[[アメリカ]]が本格的に参戦した事で米国からの大増援を受け300両以上の新型戦車含めた合計戦車1,100両と2倍以上の航空機を保有していた。この頃[[東部戦線]]では[[スターリングラード攻防戦]]が勃発し、ドイツはソ連軍170万と攻防を繰り広げ北アフリカの増援どころではなかった。ロンメルは軍団の増援は不可能としても弾薬と燃料の不足を解消するために、戦争継続に必要な燃料や物資を空軍司令の[[アルベルト・ケッセルリンク]]に空輸するように頼んだ。しかしケッセルリンクは聞く耳をもたなかった上、ヒトラーに「ロンメルは神経疲労で頭がおかしくなっている」と報告した<ref> 『ロンメル語録―諦めなかった将軍name="tag1" 』165項 ジョン ピムロット </ref>そんな中連合軍の反攻が開始され、さすがのロンメルも追い詰められ敗北し、ようやく手に入れたトブルクを放棄し大きく撤退した。この後連合軍は大攻勢に出るが([[トーチ作戦]]」で大攻勢に出るが、ロンメルは劣悪な軍隊で183両の戦車、600両以上の車輌、200両以上の野戦砲を破壊し連合軍に大損害を与えた。
 
連合軍はその後も攻勢に出るが、ロンメルの戦術によって幾度となく進軍を阻まれた。そこで連合軍は大量の航空機をもって補給路を断絶した。いかにロンメルと言えど、補給が断たれた事に加え圧倒的な物量で東西から迫る連合軍を食い止めることはできず、ドイツアフリカ軍団は[[1943年]]の1月にはチュニジア周辺に押し込まれてしまう。彼を失うことを恐れたヒトラーの命令で3月9日にチュニジアから脱出した。ドイツアフリカ軍団の戦いはその後も続いたが、主要な拠点や港を失い、5月13日に連合軍に降伏している。
 
===ノルマンディー===
[[1943年]]半ば以降、ロンメルはドイツ西方総軍の指揮下で北部フランスの防衛を担当するB[[軍集団]]司令官として、連合軍の迎撃準備に専念した。北アフリカでの経験から、連合軍の圧倒的な航空優勢のもとではドイツ軍は反撃のため大規模な部隊の展開を行うことは不可能であり、上陸時に水際で敵を撃滅することが肝要であると訴え、上陸第一日が防衛軍にとって「最も長い一日(Der längste Tag)になる」と主張した。しかし、西方軍総司令官の[[ゲルト・フォン・ルントシュテット]]元帥は英米の航空戦力の脅威を正確に評価せず、連合軍を一旦上陸させた後に装甲師団で叩く戦術を主張し対立した。ルントシュテットは敵航空戦力が弱体な東部戦線の経験しか持たないが、ロンメルはエルアラメインでの敗北により航空兵力が戦況の鍵を握る事を知っていたのである<ref>『ロンメル将軍―砂漠の狐』< name="tag2" /ref>こうした将軍同士の対立の中で準備が進められた。そして運命のD-Dayの日、6月の雨季に上陸する可能性は極めて低いと考えられていたため、不運にもロンメルはベルリンで休暇を取っていた。このため[[ノルマンディー上陸作戦]]時にはロンメルは軍団を指揮することが出来ず、ルントシュテットの作戦により連合軍の制空権下で味方の装甲師団の昼間行動は大きく制約され、有効な反撃が出来なかった。
 
== ヒトラー暗殺計画 ==
[[1944年]][[7月17日]]、ノルマンディーの前線近くを走行中のロンメルの乗用車が英空軍の第602戦闘機中隊 (602 Squadron) の[[スピットファイア (航空機)|スピットファイア]]によって機銃掃射され、ロンメルは頭部に重傷を負って入院した。
 
一方、[[7月20日]]の[[ヒトラー暗殺計画]]の失敗後、ロンメルのB軍集団参謀長の[[ハンス・シュパイデル]] ([[:de:Hans Speidel|Hans Speidel]]) 中将<!--(戦後西ドイツ軍及び[[北大西洋条約機構|NATO]]の重鎮となる)-->が反ナチ派だったことから、彼は計画への関与を疑われた。[[マルティン・ボルマン]]はロンメルの関与を確信し、[[ヨーゼフ・ゲッベルス]]はその関与を疑った。
 
[[Image:Rommels-grab.jpg|thumb|250px|ブラウシュタイン市ヘアリンゲンにあるロンメルの墓]]
[[1944年]][[10月14日]]、ヒトラーの使者として療養先の自宅を訪れた二人の将軍は、ロンメルに「反逆罪で裁判を受けるか名誉を守って自決するか」の選択を迫り、った。裁判を受けても死刑は免れず、粛清によって家族の身も危うくなることを恐れたロンメルは「私は軍人であり、最高司令官の命令に従う」と言い、暗殺事件への関与に関して一切弁明せずに服毒自殺を遂げた。数々の戦功で知られたロンメルの死は「戦傷によるもの」として発表され、祖国の英雄としてウルムで盛大な国葬が営まれた。しかし、ヒトラーは会葬していない。また、ロンメル夫人はこの葬儀で[[ヘルマン・ゲーリング|ゲーリング]]の敬礼を無視したという。
 
ロンメルの暗殺計画への関与は不明である。戦後、彼の妻ルーシー・モリンは、ロンメルはヒトラー暗殺計画に反対していたと主張した。彼女やロンメルの息子によると、ロンメルはドイツ国民に「この戦争も誰かの裏切りのせいで負けた」という印象を残すことを非常に恐れていたらしい。第1次世界大戦にドイツが負けたのは「背後からの一撃」([[ドイツ革命]]による「背後からの一撃」のせいだと思っていた人が多く、それがナチスの台頭を招いたからだろうとされる
 
戦後、残した軍命令書、戦況報告書、日記等を戦史家[[ベイジル・リデル=ハート|リデル・ハート]]が編集して ''The Rommel Papers'' として出版された。
 
== 音楽 ==
ロンメルは国民的英雄として人気があった。[[1941年]]には ''Unser Rommel(Rommel(我らがロンメル)'' つくられ、アフリカ軍団の歌として愛唱された。
 
== 映画 ==
* 『砂漠の鬼将軍』(米国映画、ヘンリー・ハサウェイ監督、1951年) - 捕虜となった[[デズモンド・ヤング]][[准将]]によるロンメル伝記の映画化。[[ジェームズ・メイソン]]がロンメルを演じる。劇中でメイソンが着ている軍服は、ロンメル家から借りた実物であった。
 
== ゴーグル ==
ロンメルは、リビアでの戦い([[北アフリカ戦線]]でのリビアでの戦いで英軍から'''防毒ゴーグル'''を鹵獲した。これは一般的には砂塵ゴーグルと一般的には言われるが、英軍呼称『''Anti-Gas Eye Shield “Mk II"''』から'''防毒目的'''と思わ推測される。)を鹵獲した
 
ロンメルはこれを好んで着用し、彼のトレードマークとなった。上の写真で着用しているのが、まさにそのゴーグルである。
 
ちなみにこのゴーグルは紳士なロンメルが戦場から持ってきた、最初で最後の戦利品である。
 
== 参考文献 ==
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}<references />
 
== 関連項目 ==
匿名利用者