メインメニューを開く

差分

インディオ

3 バイト追加, 10 年前
編集の要約なし
[[スペイン語]]''indio''・[[ポルトガル語]]''índio''は、[[アメリカ州の先住民族]]のうち[[エスキモー]]や[[アレウト族]]などを除いた民族を総称することが多いが、日本語では[[北米]]と[[中南米]]の先住民族を区別して後者のみをインディオと呼ぶことが多い。[[インディアン]](またはその言い換え)も同様の意味であるが、日本語では前者の総称として扱われることが多い。
 
インディオはスペイン語で[[インド]]人を指す言葉であり、[[クリストファー・コロンブス]]が[[アメリカ大陸]]に到着したときに、その地をインド(当時は[[東アジア]]全体を指した)と誤解したことに由来する。スペイン人の誤解がそのまま英語のインディアンに引継がれた。インド人と区別するためにスペイン語では''アメリンディオ''(''[[:es:Amerindio|amerindio]]'')と呼ぶこともあるが、逆にインド人を''インドゥ'' (''hinduhindú'')と呼ぶことで区別することが多い。
 
インディオという言葉に侮蔑的な響きがあることから、現在は[[先住民]]のことを''ナティーボ'' (''nativo'',旧来の住人の意)や''プレイスパニコ'' (''prehispanicoprehispánico'', スペイン以前の意)、''インディヘナ''(''indigenaindígena'',土着の人)などということが多くなってきている。また、''カンペシーノ'' (''campesino'', 都市に住んでいない人)や''アンテセデンテス'' (''antecedentes'', 先祖)という表現をすることもある(いずれもスペイン語。ポルトガル語では、例えばナティーヴなど)。呼称と差別に関する問題については、[[ノート:アメリカ・インディアン]]も参照されたい。
 
[[1920年代]]頃より[[ホセ・カルロス・マリアテギ]]等を中心に[[インディヘニスモ]](先住民の復権)が唱えられるにつれ、先住民という意味の「''インディヘナ'' (''<font lang="es">Indígena</font>'')」(ポルトガル語ではインディジェナ)という呼び方も普及していった。
匿名利用者