「八手三郎」の版間の差分

敬称の除去・他
(敬称の除去・他)
'''八手 三郎'''(やつで さぶろう)は、[[東映]]映像本部テレビプロデューサー集団の擬人名称([[ペンネーム]])。[[スーパー戦隊シリーズ|『スーパー戦隊』シリーズ]]などの、同社オリジナルの子供向け[[特撮]]アクションドラマの作品に、原作者として用いられる。また作詞家の名前として用いられる。正式な読み方は前記の通りだが、「はって さぶろう」など他の読み方をされることもあるが、正式な読み方は「やつで」
 
1970年代後半から1980年代初頭にかけては、『[[超電磁ロボ コン・バトラーV]]』など、東映が直接制作を手がけていたテレビア二メ作品にも[[クレジットタイトル|クレジット]]されていた。
== 概要 ==
由来には諸説あるが、『[[仮面ライダー]]』シリーズなどを手がけた[[平山亨]]が関わっていることでは共通している。以下に各説を挙げる。
# 平山が東映京都撮影所の助監督・監督時代、同撮影所の助監督が共同ペンネームとして用いていた。平山が本社テレビ部に異動後、社員プロデューサーが担当作品関係で脚本や企画書や作詞等を執筆する必要があった際(脚本や企画書や作詞)、京都で使われていたこのペンネームを復活させた。
# (1に関連)京都撮影所助監督の微妙な立場(何物からも自由なクリエイターとしての気概を持ちつつも、一方で会社という組織に従属する立場であることも認識せざるを得ない微妙な立場を「やって候(さふらふ = そうろう)」という言葉に反映させた。
#平山が原稿の催促をされたときの言い訳「やって候」(=やってますよ)から。“候”は「~します(しました)」の文語体表記で、「やってますよ」の意味である。
#「やってみろ」の転化若者が「候」の意味理解できなくなってから憶測で提唱された新説で誤謬であるとの説もあるが、平山かかわりの深い音楽家の菊池俊輔氏はインタビューでこの由来を開陳している
#平山が東映以外の仕事をやった際に「本名じゃ問題があるので…」と用いたペンネーム。語源は3や4に同じ。
 
平山は[[1990年]]に東映を[[定年退職]]したが、「八手三郎」は、彼が所属していた東映テレビ事業部現在は機構改革により映像本部テレビプロデューサー集団の共同ペンネームとなり、引き続き使われている。
 
東映の特撮テレビドラマでは、[[アニメ]]や近年の[[円谷プロダクション]]作品に見られる「[[シリーズ構成]]」(シリーズの世界観・ストーリーの根本部分を決定しストーリーの流れを管理するポスト。個々の脚本も監修すであ[[脚本家シリーズ構成]]が就くケースが多い)の職を基本的に置かず、東映側の担当チーフプロデューサーと、「メインライター」と呼ばれるそのシリーズで中心的な役割を担う脚本家(「メインライター」と呼ばれる)、シリーズ構成の仕事を分担している。従って「八手三郎」の実体は、チーフプロデューサーとメインライターの共同作業といえる。
==主な作品==
*[[スーパー戦隊シリーズ]]
**([[マイクスギヤマ]]と共同)
 
「駆けろ!スパイダーマン」は平山亨が、「誓いのバラード」は[[吉川進]]が作詞したことが明かされている(『[[スパイダーマン (東映)|スパイダーマン]]』DVD-BOXの特典解説書より)で明かされている
 
== 関連項目 ==
匿名利用者