「建水分神社」の版間の差分

編集の要約なし
 
==祭神==
中殿に[[天御中主神]]、左殿に[[水分神|天水分神]]・[[ミヅハノメ|罔象女神]]、右殿に国水分神・[[祓戸神|瀬織津姫神]]を祀る。このうち天水分神・国水分神と罔象女神は[[水神]]であり、瀬織津姫神も[[大祓詞]]で「川の瀬に坐す」とある罪穢を祓い清める神である。
 
==由緒==
社伝によれば、[[崇神天皇]]5年([[紀元前1世紀|紀元前92年]])、諸国が飢饉となったとき、各地に溜池や溝を作ることが勧められたが、このときに金剛葛城の山麓に水分神が祀られたのに始まる。[[延喜式神名帳]]に「[[河内国]][[石川郡 (大阪府)|石川郡]] 建水分神社」と記載されている。「上水分社」の呼称は、[[美具久留御魂神社]](富田林市宮町)を下水分社と称するのに対応したものである。
 
元の鎮座地は現在地より北約100mの水越川のほとりにあったが、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]に兵火にかかり、荒廃した。このため[[建武 (日本)|建武]]元年([[1334年]])、[[後醍醐天皇]]の勅命を受けた[[楠木正成]]が、現在地に本殿、拝殿、鐘楼などを再建し遷座した。[[延元]]2年(1337年)4月27日、最高位である[[正一位]]の[[神階]]を授けられた。
 
中世、[[織田信長]]軍の河内国攻略の際に社領を没収され一時衰退するが、[[豊臣秀吉]]が社領を寄進し、復旧された。
 
明治6年の[[近代社格制度|社格]]制定の際に付近18ヵ村の総鎮守産土神の故を以て郷社に列格した。明治40年に[[神饌幣帛供進社]]に指定され、氏子地域内の17神社を[[神社合祀|合祀]]した。大正2年に府社に昇格した。
 
==例祭==
==文化財==
*本殿:重要文化財
**本殿は三殿で構成されている。中殿に一間社[[春日造]]、左右両殿に二間社[[流造]]、各殿を渡廊で連結するという全国でも唯一の珍しい様式で、「水分造」とも呼ばれている。構造の細部も優秀巧緻で建築上の模範とされる。明治33年に大阪府の神社建築として初めて特別保護建造物(旧国宝)に指定され、昭和25年に重要文化財の指定を受けた。但し通常は非公開である。
 
==その他==
19

回編集