「対バン」の版間の差分

編集の要約なし
'''対バン'''(たいばん)、及び「対バン形式」とは、ミュージシャンやバンド(主には[[ロック (音楽)|ロック]]や[[ポピュラー音楽|ポップ]][[バンド (音楽)|バンド]])がライブを行う際に単独名義ではなく、複数のグループと共演(競演)する事をいう。
また、その共演者の事自体単に指し示したり、「対バンするなどの形で対バン形式のライブを行うという意味の動詞して用いられる場合呼ぶある
 
== 概要 ==
語源については、「バンド同士の対決」などからたと見られる。
対決や競い合うという意味合いは薄く、単に一緒にライブを行う共演者という意味で使われることが多い。
共演ではあるが、基本的に各グループにそれぞれ時間が割り当てられ、一緒に演奏をするセッションなどが行われる事は少ない。
大規模な[[ロック・フェスティバル]]などではこの言葉はあまり使われない。
 
慣例として、アンコールは一番最後に演奏したグループが務めたり、
語源については、「バンド同士の対決」などから来たと見られる。
イベントの主催者が出演していた場合、そのグループが一番最後に演奏したりすることが多い。
また、[[オープニングアクト]]がある場合もある。
 
== 対バンの理由 ==
共演ではあるが、基本的に各グループにそれぞれ時間が割り当てられ、一緒に演奏をするセッションなどが行われる事は少ない。
対バンを行う理由は様々である。
 
まず、興行を成功させるためという理由があげられる。
単独では多くの集客を見込めない場合に、複数のバンドで集まることによって集客を増やし、興行の成功を目指すのである。
興行が失敗した場合でもその損失を分散させることができ、リスクを小さくすることができる。
単独でも興行を行えるミュージシャンであっても、単純に規模を大きくできたり、競演による相乗効果や、共有による新たなファンの増加などの獲得を狙えるという理由から、敢えてこの形式を取る場合もある。
 
次に、労力の削減という理由がある。
メジャーデビューを果たしたミュージシャンなどであれば一定の知名度や人気があり、更にテレビやラジオ、雑誌などで広く宣伝を行えるために、大がかりな集客をして興行を成立させる事が可能であるが、活動を始めたばかりのアマチュア(インディーズ)ミュージシャンや、知名度や人気のないミュージシャンではライブハウスの収容人数までの客を集める事が困難である。
1つのライブやイベントを行うためには様々な準備を必要とする。
そのために、単独では興行を成立させられない者同士で集まり、対バン形式のライブを行う。
複数の出演者で集まることによって、1グループあたりの労力を小さくすることができる。
特に人気のあるバンドを除いたアマチュアバンドの多くではこの形式が取られている。
また、それぞれの演奏時間も短くなることから純粋にそのライブでの演奏に伴う労力も減少させることができる。
 
この他に、イベント主催者があるグループのワンマンライブを企画する力が無い場合に、いくつかのグループを呼んでこの形式のライブを行うこともある。
単独でも興行を行えるミュージシャンであっても、単純に規模を大きくできたり、競演による相乗効果や、共有によるファンの増加などの理由から、敢えてこの形式を取る場合もある。
こういったイベント的な対バンはメジャー、アマチュアを問わず行われるが、上述した先の理由のものと比べると少ない。
 
<!-- 以下の例は「ウィキペディアはデータベースではありません」という方針に抵触する可能性があります。[[Wikipedia:ウィキペディアは何でないか]]を参照してください。
== 有名なライブ ==
有名なものとして[[1999年]][[12月23日]]に東京ドームで行われた、人気ロックバンド[[GLAY]]と[[LUNA SEA]]による「The Millennium Eve A Christmas present for the people who love live a lot.」や、[[2004年]]の夏に開催された[[ORANGE RANGE]]の「対バン」ツアー「LIVE TOUR 004 ~三十路でゴメン DEAD or LIVE~」、[[2006年]]の[[9月]]から[[10月]]まで全国の[[Zepp]]で行われた[[Mr.Children]]と[[the pillows]]による「Mr.Children & the pillows new big bang tour ~This is Hybrid Innocent~」等がある。
-->
 
==関連項目==
124

回編集