「銅アンモニアレーヨン」の版間の差分

綴りの修正
(綴りの修正)
'''銅アンモニアレーヨン''' ('''cuprammonium rayon''') [[再生繊維]]の一種。'''キュプラ'''や'''ベンベルグ'''とも呼ばれる。吸放湿性に優れ、一般的な[[レーヨン]]([[ビスコース]]レーヨン)に比べ、耐久力や耐摩耗性などに優れている。
 
== 製法 ==
銅アンモニアレーヨンの生産には'''銅アンモニア溶液''' (シュバイツァー溶液) を用いる。この溶液は[[硫酸銅]]に[[アンモニア]]水を加え、塩基性硫酸銅とし、[[水酸化ナトリウム]]を加えることで作られる。この溶液は銅アンモニア[[錯体]]が生じ、[[セルロース]]を[[溶解]]させることができ出来る。この[[セルロース]]を溶解させた銅アンモニア溶液を[[酸性]]の水中に押し出すことで、[[セルロース]]が再生し、[[繊維]]を生じる。各反応は次のとおりである。
 
* Cu(OH)<sub>2</sub> + 4NH<sub>3</sub> → [Cu(NH<sub>3</sub>)<sub>4</sub>](OH)<sub>2</sub>
* コットンリンター
* 高純度木材パルプ
通常はコットンリンターが用いられる。コットンリンターとは[[綿花]]の[[種子]]周辺に存在しているごく短い[[繊維]]のことである。
 
[[Category:衣料|とうあんもにあれーよん]]
匿名利用者