「銃剣術」の版間の差分

旧日本軍の銃剣術に関する内容は銃剣道に移動。
m
(旧日本軍の銃剣術に関する内容は銃剣道に移動。)
'''銃剣術'''(じゅうけんじゅつ)とは、[[白兵戦]]・[[CQB|近接戦闘]]において、先端に[[銃剣]]を装着(着剣)した[[小銃]]を武器にして敵を制圧する技術である。戦技であるのでルールは無いが、訓練時には安全性の確保のため一定のルールが設けられ、そこからスポーツる。[[日本軍|旧日本軍]]の銃剣術を競技されものは'''[[武道]]に[[銃剣道'''と呼ばれ]]がある。
 
かつて小銃の装弾数が少なかった時代は、銃剣術は重要な白兵戦技術だったが、[[第一次世界大戦]]においては銃剣による死傷者は1パーセントに満たなかったといわれる。[[第二次世界大戦]]以降は、ハイテク技術や銃器、兵器の進歩によって、儀仗以外での使用頻度がより少なくなり、現在では野戦において塹壕内に残った敵や藪に隠れる敵を掃討する場合、倒れた敵兵の死亡確認のため突く場合、占領地の警備や捕虜の護送等で相手にプレッシャーを与えるために銃剣を装着して警備に当たる場合など、限定された局面のみでしか用いられなくなった。このため多くの軍事組織で銃剣術の訓練は減少、もしくは廃止された。
 
第二次世界大戦末期に日本で行われた[[竹槍]]の訓練も内容は槍術ではなく銃剣術であった。
 
==大日本帝国陸海軍の銃剣術==
''[[日本軍|旧日本軍]]の銃剣術については、[[銃剣道]]を参照。''
日露戦争における旅順や奉天の戦いでの壮烈な白兵戦に勝利し自信を深めた日本軍は、明治初期にフランスやプロイセンの軍事マニュアルを翻訳して作られた陸戦の綱領「歩兵操典」を、1909年、戦訓をもとに独自に改訂した。この改訂で日本軍は、「大和魂・攻撃精神・銃剣突撃」を核とする精神論で敵に立ち向かえば、戦果はおのずとついて来るものだ、とする「教義」を確立したとされる。この操典の綱領では「戦闘に最終の決を与えるのは銃剣突撃とす。」「皇軍一貫精神。」と、精神力至上主義が強調されている。この後、日本では銃剣術や竹槍の猛訓練が大東亜戦争の終戦まで軍民を挙げて行われた。
 
== 関連項目 ==
*[[白兵戦]]
匿名利用者