「双水執流」の版間の差分

編集の要約なし
(DEFAULTSORT)
'''双水執流'''('''そうすいしつりゅう''')は[[日本武術]]の[[柔術]]と[[居合]]の流派。
 
流祖は二神半之助で[[九州]]の[[福岡藩]]にて伝承されてた。[[明治維新]]後は東京にも伝播している。[[竹内流]]から派生した[[流派だが、竹内流では「腰之廻」は[[脇差]]を用いた組打技法を指すが、双水執あるが現在は居合と柔術流派なっているを「腰之廻」と呼ぶ
 
現在は福岡と東京にて伝承されている。また海外に伝播した流れもある。
[[Category:柔術]]
[[category:居合]]
{{Japan-culture-stub}}
匿名利用者