「北辰一刀流」の版間の差分

この合理性が北辰一刀流の特色であり、これまでの剣術がしばしば仏理を併せて学ばせ、神秘性を強調して来たのに対して、玄武館は高名な儒者東条一堂の塾「瑶地塾」の隣にあったので、周作は門弟に瑶地塾で[[朱子学]]を学んで合理精神を養うことを奨励している。そのため、北辰一刀流には[[漢詩]]に巧みな者が多い。また、玄武館は[[天神真楊流|天神真楊流柔術]]開祖の[[磯正足]]の道場の斜め向かいにあったので、天神真楊流柔術を併習する者も多かった。
 
== 水戸藩で明治以降の北辰一刀流 ==
 
千葉周作や海保帆平は[[水戸藩]]の藩校・[[弘道館]]で剣術を指導した。弘道館剣術方教授であった小澤寅吉は[[明治時代]]に道場・東武館を開き北辰一刀流剣術を指導したことにより、水戸藩に伝わった系統が明治以降も残った。また、[[千葉栄次郎]]と[[千葉道三郎]]に北辰一刀流を学び玄武館塾頭も務めた[[下江秀太郎]]が明治18年から20年まで東武館で指導した。のちに東武館第2代館長となる小澤一郎や[[門奈正]]が下江の指導を受けた。この系統は小澤家が伝え東武館で指導が続けられた。東武館第4代館長の小澤武は[[日本古武道協会]]より北辰一刀流[[宗家]]に認定された。
小澤家から派生した系統としては、小澤豊吉(東武館第3代館長)の伝えた形が、谷島三郎から茨城県[[龍ヶ崎市]]の岡嶋泰治、椎名市衛に受け継がれた。
 
== 現存する系統 ==
現在でも北辰一刀流の道場がいくつか現存している。日本古武道協会に加盟している[[茨城県]]水戸の東武館をはじめ、日本伝統技術保存会では水戸伝の形が継承されている。
 
匿名利用者