「一剣会羽賀道場」の版間の差分

(新しいページ: ''''一剣会羽賀道場'''(いちけんかいはがどうじょう、羽賀道場)とは、羽賀準一の没後、園田直を中心とする羽賀...')
 
 
== 特色 ==
[[羽賀準一]]が[[有信館]]で学んだ[[神道無念流]]の色を強く残し、力を込めた打ちを一本としている。そのため、大きく振りかぶってからの一撃を奨励するとともに、現在の[[剣道]]では禁止または避けられがちな突き打ち、横面、体当たり、足がらみ、組討ちなどの技を奨励してい有効である。[[幕末江戸三大戦前の剣場]]一つで「力の斎藤」稽古を彷彿れた[[練兵館]]のせる。形稽古を今うかがうこついては、神道無念流の形羽賀でき編み出した形を稽古している。
 
また、剣道と平行して[[居合]]([[神伝夢想流]])を稽古する方針となっており、実際に巻藁を斬る据物斬りを奨励している。
 
海外での稽古活動や[[山本寛斎]]の「KANSAI SUPER SHOW アボルダージュ」で[[居合]]の演武を行うなど、精力的な活動を行っている。
 
匿名利用者