「三色同刻」の版間の差分

m
Bot:15(replace - 牌画)
(→‎三色同槓: テンプレート)
m (Bot:15(replace - 牌画))
 
==牌姿の例==
:[[画像Image:二萬MJm2plane.png|二萬]][[画像Image:二萬MJm2plane.png|二萬]][[画像Image:二萬MJm2plane.png|二萬]][[画像Image:七索MJs7plane.png|七索]][[画像Image:七索MJs7plane.png|七索]][[画像Image:九索MJs9plane.png|九索]][[画像Image:九索MJs9plane.png|九索]]  [[画像Image:二筒MJp2plane.png|二筒]][[画像Image:二筒MJp2plane.png|二筒]][[画像:二筒横.png|二筒(横)]][[画像Image:二索MJs2plane.png|二索]][[画像Image:二索MJs2plane.png|二索]][[画像:二索横.png|二索(横)]]
::[[画像Image:七索MJs7plane.png|七索]][[画像Image:九索MJs9plane.png|九索]]待ち。三色同刻は4つの面子のうち最低でも3つが刻子となるため、[[対々和]]と複合するケースが多い。
 
----
:[[画像Image:三萬MJm3plane.png|三萬]][[画像Image:三萬MJm3plane.png|三萬]][[画像Image:三萬MJm3plane.png|三萬]][[画像Image:三筒MJp3plane.png|三筒]][[画像Image:三筒MJp3plane.png|三筒]][[画像Image:三筒MJp3plane.png|三筒]][[画像Image:九筒MJp9plane.png|九筒]][[画像Image:九筒MJp9plane.png|九筒]][[画像Image:三索MJs3plane.png|三索]][[画像Image:三索MJs3plane.png|三索]][[画像Image:七索MJs7plane.png|七索]][[画像Image:八索MJs8plane.png|八索]][[画像Image:九索MJs9plane.png|九索]]
::対々和が複合しないケースで、ツモり[[三暗刻]]のケース。[[画像Image:三索MJs3plane.png|三索]]で三色同刻となるが、[[画像Image:九筒MJp9plane.png|九筒]]では役がない片アガリの牌姿である。このような牌姿ではリーチをかけることが多いが、出アガリでは高目でも子5200点しかなく、難易度・出現頻度の割に点数的に報われない手役であるとも言える。
 
== 派生役 ==
'''三色同槓'''(サンショクドーカン)とは[[麻雀]]におけるローカル[[役 (麻雀)|役]]のひとつ。[[麻雀牌#萬子|萬子]]・[[麻雀牌#索子|索子]]・[[麻雀牌#筒子|筒子]]それぞれの色で同じ数字の[[面子#槓子|槓子]]を作ったときに成立する。必然的に[[三槓子]]・三色同刻と複合するが、こちらが優先される。門前で5飜、副露で食い下がり4飜となるが、成立した役がこれ1つだけならどちらも満貫となる。
 
(例)[[画像Image:七筒MJp7plane.png|七筒]][[画像Image:八筒MJp8plane.png|八筒]][[画像Image:九筒MJp9plane.png|九筒]][[画像Image:MJf1plane.png|東]]  [[画像:牌裏.png|牌裏]][[画像Image:三萬MJm3plane.png|三萬]][[画像Image:三萬MJm3plane.png|三萬]][[画像:牌裏.png|牌裏]] [[画像:牌裏.png|牌裏]][[画像Image:三索MJs3plane.png|三索]][[画像Image:三索MJs3plane.png|三索]][[画像:牌裏.png|牌裏]]  [[画像Image:三筒MJp3plane.png|三筒]][[画像Image:三筒MJp3plane.png|三筒]][[画像Image:三筒MJp3plane.png|三筒]][[画像:三筒横.png|三筒(横)]]
 
::[[画像Image:MJf1plane.png|東]]の単騎待ち。他に役がついてないので満貫となる。単体でも満貫になるため点数的に高い部類に入るが、難易度・出現頻度・他の役との複合しにくさなどを考えれば点数が報われない部類にも入る。
 
== 関連項目 ==
13,295

回編集