「条約法に関するウィーン条約」の版間の差分

m (cprobot: anotheruse -> otheruses)
(Template:条約を使用)
{{Otheruses|条約法に関するウィーン条約|その他のウィーン条約|ウィーン条約}}
 
{{条約|
題名=条約法に関するウィーン条約|
通称=ウィーン条約法条約|
署名=1969年5月23日([[ウィーン]])|
効力発生=1980年1月27日|
番号=昭和56年条約第16号|
内容=|
関連=[[国際組織締結条約]]|
リンク=[http://avatoli.ioc.u-tokyo.ac.jp/%7Eworldjpn/documents/texts/mt/19690523.T1J.html 和文条文]
|}}
 
'''条約法に関するウィーン条約'''(略称:ウィーン条約法条約, Vienna Convention on the Law of Treaties)とは、条約法に関する[[一般条約]]で、[[国連国際法委員会]]が条約に関する[[慣習法#国際法における慣習法|慣習国際法]]を法典化したものである。条約に関する国際法上の規則を統一したものだが、条約の無効原因としての[[ユス・コーゲンス]](jus cogens, 強行規範)の承認(第53条)など、条約の漸進的発達の側面も有している。
869

回編集