「立ち食いそば・うどん店」の版間の差分

編集の要約なし
現在では味への要求から、市街地に立地する店を中心に[[生麺]]を用意し、注文後生麺から茹で上げる店も増えてきている。茹でたあと、冷たい水で麺のヌメリを取り締めるため、本来の味を楽しむことが出来る。だがこのような店でも、茹で上げる手間を減らし提供の早さを維持するため、一定量の麺を一度に茹で上げておく店では麺が伸びてしまっている場合もある。
 
[[関東地方|関東]]では概ね「そば・うどん」と表記されるように、そばがメインの商品として扱われてるが、これが[[近畿地方|関西]]になると「うどん・そば」との表記が増え、うどんがメイン商品として扱われている。ちなみに富山県のJR[[高岡駅]]の「今庄そば」には、丼に「そば」と「うどん」が一緒に入った「ちゃんぽん」というメニューがあり、ここが関東圏(そば)と関西圏(うどん)の境界とする意見もある。
 
=== つゆ ===
匿名利用者