「太平記 (NHK大河ドラマ)」の版間の差分

御所言葉
(御所言葉)
|}
== 作品内容と反響 ==
[[鎌倉時代]]末期から[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の動乱期を、[[室町幕府]]初代[[征夷大将軍|将軍]]・[[足利尊氏]]を主人公に描いた物語。原作は1950年代末から執筆された、[[吉川英治]]晩年の作品である『[[私本太平記]]』。吉川作品の大河ドラマ化は、1972年([[昭和]]47年)の『[[新・平家物語 (NHK大河ドラマ)|新・平家物語]]』以来で、通算3度目となる。主役の[[真田広之]]は、1987年(昭和62年)の『[[独眼竜政宗 (NHK大河ドラマ)|独眼竜政宗]]』以来4年ぶりの大河ドラマ出演で、2度目の出演にして主役に抜擢された。「政宗」同様、共演の沢口靖子とは本作品でも夫婦となる設定である。脚本は池端俊策と仲倉重郎(後半の一部)が担当しており、共に大河ドラマ初執筆。この作品以降、番組終了後に、各回にちなんだ名所旧跡を紹介するコーナー(「紀行」)が設けられた。このコーナーは、その後いったん消滅するが[[1997年]]の『[[毛利元就 (NHK大河ドラマ)|毛利元就]]』で復活し以後定着している。
 
原作をもとに、足利尊氏の挙兵から鎌倉幕府滅亡から[[建武の新政]]、南北朝動乱を経て尊氏の死までを描く。後半は吉川原作には無い[[観応の擾乱]]も描くなど、まったくの創作となっている。NHK大河ドラマでは初めて南北朝動乱を本格的に取り上げた作品であるが、全49回のうち中盤の山場となる鎌倉陥落の第22回までが鎌倉時代、南北朝成立の第38回までが建武新政期となる配分で、南北朝時代が描かれたのは最後半の10数回程度。尊氏死後(1358年~)の、古典『太平記』が筆を擱く[[細川頼之]](未登場)の管領就任時点(1367年)や、将軍義満時代の[[南北朝合一]](1392年)までの南北朝時代後半は未消化であった。
[[群馬県]][[太田市]]には[[武家屋敷]]のオープンセットが作られ、足利、新田、楠木館のシーンが撮影された。また、[[栃木県]][[足利市]]には鎌倉や京都の町並みを再現したオープンセットが作られ、中盤の山場となる第22話「鎌倉炎上」の撮影にも使用された。
 
本作の特徴の一つとして、(自害・戦を除く)する登場人物(足利貞氏、後醍醐天皇、清子、尊氏ら)最期を直接描くシーンが皆無という点がある。これは気などで亡する際も同様での場合、息絶える瞬間を映す事が無く全てナレーションによる説明に留まっている。一方、討死、殺害、自害するシーンは数多くあったが、中には、千種忠顕のようにいつの間にか退場(史実では[[湊川の戦い]]後の京都攻防戦で討死)という人物もあった
 
また、大河ドラマに登場する[[皇族]]や[[公家]]の言葉遣いは、[[1988年]]の『[[武田信玄 (NHK大河ドラマ)|武田信玄]]』([[武田信玄|信玄]]の正室[[三条の方]]とその侍女八重)以降、部分的・断片的に御所言葉が採用されることがあったが、歴代の大河ドラマの中でも皇族や公家が多く登場する本作では御所言葉ではなく[[標準語]]に近い言葉を話し、物腰や語尾等で[[武士]]や庶民との違いを描いていた。御所言葉は、[[2001年]]の『[[北条時宗 (NHK大河ドラマ)|北条時宗]]』に登場した将軍[[宗尊親王]]以降、大河ドラマに定着し、[[2004年]]の『[[新選組!]]』以降は、せりふのある皇族・公家のほぼ全員が御所言葉を話すようになった。
 
プロデューサーのインタビュー記事によると、局内でも時期尚早であるとの意見があったものの、機が熟して取り上げられる時期が来るものでもないだろうとの判断から、本格時代劇として制作されるに至ったとのことである。その後も、この時期に関する大河ドラマは本作以外に存在しない<ref><small>[[皇室]]が積極的に関与する時代であるがため、南北朝・[[室町時代]]のドラマ化は戦後長年タブー視されてきただけでなく、歴史的にも極めて難解な権力闘争が繰り返される時期であるため、視聴者に十分な理解を得るための歴史的背景のドラマ化が困難であることから、そもそもこの時代を映像化した作品自体、戦後は数えるほどしかない(戦前は天皇の忠臣として[[楠木正成]]を描いた作品『大楠公』といった作品があり、戦後も[[昭和30年]]代に『大楠公』という正成を描いた連続テレビドラマがあった)。</small></ref>。
 
余談だが、本作のために撮影された、「火を噴く大道芸人」や「炎上する門」のシーンは、その後の大河ドラマにも流用されている。
 
2005年から2006年にかけて[[ファミリー劇場]]で全話が放送された。
*[[吉田定房]](後醍醐の側近):[[垂水悟郎]]
*[[二条道平]](後醍醐の側近):[[宮本充]]
*[[洞院公賢]](後醍醐の側近、のち北朝方):[[高橋山崎豊]]
*[[洞院公賢実世]](後醍醐の側近):[[羽場裕一森松條次]]
*[[文観]](僧侶・後醍醐の側近):[[麿赤兒]]
 
匿名利用者