「吉良義安」の版間の差分

編集の要約なし
'''吉良 義安'''(きら よしやす、[[天文 (元号)|天文]]5年([[1536年]]) - [[永禄]]11年([[1569年]])は、[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]の武将。[[徳川家康]]の臣下となり、西条吉良氏と東条吉良氏を統一した人物。妻は[[徳川家康]]の叔母(俊継尼)。通称は'''三郎'''(さぶろう)、また'''上野介'''(こうずけのすけ)の官職を僭称した。
 
西条城主[[吉良氏]]の[[吉良義堯]]の次男として生まれる。はじめ西条吉良氏の家督は兄の吉良義郷が継ぎ、次男の義安は、東条城主吉良氏の吉良持広の養子に入った。しかし西条吉良氏を継いだ兄義郷がまもなく死去したため、再び西条吉良氏に戻って兄の家督を相続した。ところが、東条吉良氏の吉良持広も死去したため、やむなく、弟の[[吉良義昭]]に西条吉良氏を継がせ、自らは東条吉良氏の家督を相続した。
匿名利用者