「コンスタンス・ド・ブルターニュ」の版間の差分

編集の要約なし
'''コンスタンス・ド・ブルターニュ'''(Constance de Bretagne, [[1161年]] - [[1201年]][[9月5日]])は、1166年以降[[ブルターニュ]]女公、1171年からはリッチモンド女伯。コンスタンスパンティエーヴルとも。[[アーサー (ブルターニュ侯)|アーサー・オブ・ブリタニー]](ブルターニュ公アルチュール]](アーサー)の母。ブルターニュ公[[コナン4世 (ブルターニュ公)|コナン4世]]とマーガレット・オブ・スコットランド([[スコットランド]]王[[デイヴィッド1世 (スコットランド王)|デイヴィッド1世]]の孫娘でありノーサンバランド伯ハンティンドン伯ヘンリーの娘であり、スコットランド王[[マルカム4世 (スコットランド王)|マルカム4世]]と[[ウィリアム獅子1世 (スコットランド)|ウィリアム1世]]の姉妹)の唯一の子。
 
1166年に彼女の父が彼女のためを思って譲位し、彼女はブルターニュ女公に就いた。実際は、イングランド王ヘンリー2世が実権を握っていたとはいえ。(ノルマンコンクエスト以来、ブルターニュ公はフランス王ではなくノルマンディー公(この当時はイングランド王でもある)に臣従礼をとっていたし、イングランド王以外はブルターニュ伯を公とは呼んでいなかった。)
 
1181年、[[イングランド]]王[[ヘンリー2世 (イングランド王)|ヘンリー2世]]と王妃[[アリエノール・ダキテーヌ]]の四男ジェフリー(ジョフロワ)と結婚した。広大な公国の相続人たるコンスタンスと結婚することで、ジェフリーに領地と地位を与えるための政略結婚であった。後ろ盾を持たないコンスタンスにとっては、選択の余地のないことだった。2人の間には、「フェア・メイド・オブ・ブリタニー」と呼ばれた長女[[エレノア・オブ・ブリタニー|アリエノール]](1184年生まれ、1202年に叔父ジョンに捉えられ、1241年の八月十日に死ぬまでブリストルに監禁された。)とアーサー(アルチュール)が生まれた。王太子である兄・若ヘンリー、母のお気に入り[[アキテーヌ]]公リチャード(のちの[[リチャード1世 (イングランド王)|リチャード1世]])の厚遇に歯がみしながら、ジェフリーは1186年8月19日に、フィリップ2世が開催したパリでの馬上槍試合で受けた傷がもとで急死したが、彼はコンスタンスを一切政治に関わらせていなかった。彼の死によってコンスタンスは初めて権力の行使にかかわることになった。しかし、ブルターニュ公の宗主たるヘンリー2世は、コンスタンスを、第4代チェスター伯ラヌルフ(ラヌルフ=ド=メシーヌ或いは、ラヌルフ=ド=ブロンドヴィル。ロビン=フッドの物語ではリチャードの腹心)と再婚させた。1196年、コンスタンスは8歳になったばかりのわが子アルチュールを、貴族たちの集会でブルターニュ公として認めさせた。こういった意図を挫くために、リチャード獅子心王は、彼女の夫に命じて監禁させている。彼女の監禁場所は、ポントルソンかタイレであったと思われる。解放されると、彼女は夫と別れ、ギ=ド=トゥアー(トゥアー副伯)と再婚した。この結婚によって、アリス(ドルー家ブルターニュ公初代のピエール=ド=ドルー、悪僧侶ピエール、ピエール=モクレールと結婚)とカトリーヌ(ヴィトレの領主アンドレ3世と結婚)の二人の子供が生まれた。
 
 
1166年に彼女のコナン4世が彼女のためを思って譲位し、彼女コンスタンスはブルターニュ女公に就いたが、実際[[イングランド]][[ヘンリー2世 (イングランド王)|ヘンリー2世]]が実権を握っていたとはいえ[[ノルマンコンクエスト]]以来、ブルターニュ公はフランス王ではなくノルマンディー公(この当時はイングランド王でもある)に臣従礼をとっており、まし、イングランド王以外はブルターニュ伯を公とは呼んでいなかった。
 
1181年、ヘンリー2世と王妃[[アリエノール・ダキテーヌ]]の四男ジェフリー([[ジョフロワ2世 (ブルターニュ公)|ジョフロワ]])と結婚した。広大な公国の相続人たるコンスタンスと結婚することで、ジェフリーに領地と地位を与えるための政略結婚であった。後ろ盾を持たないコンスタンスにとっては、選択の余地のないことだった。2人の間にはフェア・メイド・オブ・ブリタニー(Fair Maid of Brittany)と呼ばれた長女[[エレノア・オブ・ブリタニー|アリエノール]](1184年 - 1241年)とアーサー(アルチュール)が生まれた。
 
王太子である兄・[[若ヘンリー]]、母のお気に入りの[[アキテーヌ]]公リシャール(のちの[[リチャード1世 (イングランド王)|リチャード1世]])の厚遇に歯がみしながら、ジェフリーは1186年8月19日に[[フランス王国|フランス]]王[[フィリップ2世 (フランス王)|フィリップ2世]]が開催した[[パリ]]での[[馬上槍試合]]で受けた傷がもとで急死したが、彼はコンスタンスを一切政治に関わらせていなかった。
 
夫の死によってコンスタンスは初めて権力の行使にかかわることになった。しかし、ブルターニュ公の宗主たるヘンリー2世は、コンスタンスを第4代チェスター伯ラヌルフ(ラヌルフ・ド・メシーヌ、あるいはラヌルフ・ド・ブロンドヴィル - [[ロビン・フッド]]の物語ではリチャードの腹心とされる)と再婚させた。
 
1196年、コンスタンスは8歳になったばかりの息子アルチュールを、貴族たちの集会でブルターニュ公として認めさせた。こういった意図を挫くために、リチャード獅子心王は彼女の夫に命じて監禁させた。コンスタンスの監禁場所はポントルソンかタイレであったと思われる。解放されるとコンスタンスは夫と別れ、ギ・ド・トゥアー(トゥアー副伯)と再婚した。この結婚によって、アリス(ドルー家ブルターニュ公初代の[[ピエール1世 (ブルターニュ公)|ピエール・ド・ドルー]](悪僧侶ピエール、ピエール・モクレール)と結婚)とカトリーヌ(ヴィトレの領主アンドレ3世と結婚)の2人の子供が生まれた。
 
コンスタンスは、人生の最後の数年を平和に過ごし、自分の死後に起こる子供たちの悲運を知らぬまま、1201年に亡くなった。遺体は[[ヴィルヌーヴ]]の教会に葬られた。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:イングランド王族の妃|こんすたんす ふるたにゆ]]}}
[[Category:イングランド王族の妃]]
[[Category:ブルターニュ公|こんすたんす]]
[[Category:1161年生|こんすたんす ふるたにゆ]]
[[Category:1201年没|こんすたんす ふるたにゆ]]
 
[[br:Konstanza]]
匿名利用者