「アルテュール3世 (ブルターニュ公)」の版間の差分

編集の要約なし
'''アルチュール・ド・リッシュモン'''(Arthur de Richemont, [[1393年]][[8月24日]] - [[1458年]][[12月26日]])は[[百年戦争]]後半に[[フランス王国|フランス]]王軍司令官として活躍した軍人。[[ブルターニュ公]][[ジャン4世 (ブルターニュ公)|ジャン4世]]と[[ジョーン・オブ・ナヴァール|ジャンヌ・ド・ナヴァール]]の息子で当初パルトネ卿、リッチモンド伯(名目のみ)、後に甥(兄の子)の[[ピエール2世 (ブルターニュ公)|ピエール2世]]の跡を継ぎブルターニュ公'''アルチュール3世'''(在位:1458年)となった。
 
[[リッチモンド伯]]は、[[ノルマン・コンクエスト]]以来ブルターニュ公に度々与えられてきた[[イングランド]]の爵位であるが、ジャン4世の死後は[[ベッドフォード公]][[ジョン・オブ・ランカスター|ジョン]]に与えられていた。しかし、ブルターニュ公家では、その後も伯位を自称しアルチュールに与えたため、アルチュールはリッチモンドのフランス語読みの'''リッシュモン'''(リシュモン、或いはリシュモーンが発音に近いが、日本ではリッシュモンと慣用的に呼ぶ)と呼ばれた。
匿名利用者