「MASTERキートン」の版間の差分

 
==絶版問題==
[[週刊文春]](2005年5月26日号)の報道によると、『MASTERキートン』の著作者は[[勝鹿北星]]・[[浦沢直樹]]となっているが、勝鹿が原作を仕上げたことはなく、[[小学館]]の担当編集者である[[長崎尚志]]と浦沢が漫画作りの全てを行っていた(長崎証言)、という。
 
[[印税]]は勝鹿と浦沢で折半していたが、これが問題となり交渉、印税は半分ずつのままで勝鹿の名を小さく表記することで決着した。しかし、2004年12月の勝鹿の死去後、勝鹿と親しかった[[雁屋哲]]が小学館に猛抗議し、結局2005年5月現在増刷が中断されている(匿名関係者証言)、とのことである。
 
ただし、週刊文春の記事に対し、既に勝鹿が死去していることから「欠席裁判のような形」になっているとの[[いしかわじゅん]]のHP内に掲載された指摘<ref>http://serifugyakuyunyuu.com/lines/keaton/katsu/ishikawa.html</ref>や「直接打ち合わせをしているのはほとんど長崎で、その段階で原作を改変していたというのが浦沢・長崎の語ったところだ」という[[夏目房之介]]の見解<ref>http://serifugyakuyunyuu.com/lines/keaton/katsu/natsume.html</ref>を取り上げたうえで、記事内容に対し疑問を投げかける指摘もある(外部リンクの検証サイトを参照)。
 
なおアニメ版について上記DVD原作とは違いDVDは廃盤には至っていない。
 
==外部リンク==
匿名利用者