「火災報知機」の版間の差分

全面改訂
m (ページ 火災報知機/削除 20080315 をこのページあてのリダイレクト 火災報知機 へ移動: Wikipedia:削除依頼/Hsst氏による翻訳項目)
(全面改訂)
{{anotherusesotheruses|警報装置消防用設備|お笑いコンビ|火災報知器 (お笑いタレント)}}
'''火災報知器'''(かさいほうちき)は感知器によって[[火災]]を感知若しくは火災を発見した人間が発信機を操作することで[[警報]]を発したり、[[消防機関]]に通報する機器の総称である。[[自動火災報知設備]]や[[住宅用火災警報器]]、[[#消防機関に通報する火災報知設備]]がこれに含まれる。なお、一般に火災報知'''器'''と表記されることがあるが、消防法規および業界団体では火災報知'''機'''と表記しているのでこちらが正式な表記である。
[[画像:Fire alarm & indoor fire hydrant.JPG|thumb|right|200px|火災報知器と屋内消火栓設備]]
[[画像:Photoelectric spot type smoke detector.JPG|thumb|right|250px|光電式スポット型煙感知器]]
[[画像:Rate-of-rise sopt type detector.JPG|thumb|right|250px|差動式スポット型熱感知器]]
'''火災報知器'''(かさいほうちき)は、[[火災]]の前兆となる[[煙]]や[[熱]]を感知して警報を発する機器である。
 
==自動火災報知設備==
通常、室内の天井に多数取り付けられ、一定以上の煙や熱を感知すると警報ベルが館内に鳴り響き、同時に管理人室(防災センターなどとも呼ばれる)にある[[受信盤]]に火災が発生した旨が通報される仕組みになっている。[[受信盤]]には火災の発生した地区が表示される。
感知器を用いて火災により発生する[[熱]]、[[煙]]や[[炎]]を感知して火災信号を受信機に送ることによって、建物の管理者に火災の発生場所を知らせるとともに地区音響装置(ベル)や[[非常放送設備]]による音声警報音を鳴動させて[[建物]]の在館者に報知することにより、避難と初期[[消火]]活動を促す設備である。
 
詳細は[[自動火災報知設備]]の項を参照。
自動的に火災を感知するものの他、建物内の消火栓に組み込まれ、人間がボタンを押して手動で通報するものも火災報知器という。
 
==住宅用火災警報器==
かつては[[東京]]など大都市の市街地にも、火災を発見した場合に人間がボタンを押して手動で[[消防署]]に通報する火災報知器(M型発信器)が存在したが、[[電話]]の普及やいたずらの多発などで、1974年までに廃止された。
主に一般[[住宅]]に設置され、火災により発生する熱や煙を感知して音声やブザー音で警報する警報器である。
 
詳細は[[住宅用火災警報器]]の項を参照。
現在は自動火災報知設備の受信器から電話回線を通じて直接消防機関などへ通報する装置が存在している。
 
==住宅用消防機関に通報する火災器の置義務化==
===公衆用火災報知機===
2006年6月1日に改正[[消防法]]が施行され、新築住宅の寝室や階段などに火災報知器(火災警報器)の設置が義務付けられた。既存の住宅についても、遅くとも平成23(2011年)5月中までの設置が義務化された(具体的な期日は市町村の条例で制定される)。
かつて[[東京]]など[[大都市]]の市街地に、火災を発見した場合に人間がボタンを押して手動すことで[[消防署]]に火災を通報する火災報知(M型発信)が存在したが、。しかし[[電話]]の普及やいたずらの多発などで、1974年までに廃止された。
*既存の住宅に対する設置義務化期日や購入、取り付けなどについては、お住まいの市町村で確認されたい。
*[[消火器]]同様、消防署を装って高額で販売する悪徳[[訪問販売]]が出現しているらしい。消防署では販売していない。既存住宅用に購入する場合、[[家電量販店]]、[[ホームセンター]]、設備業者、ガス販売店、[[警備]]業者などから購入できる。地域の[[自治会]]などでまとめて購入できる場合もあるので地域情報も見逃さないでチェックするとよい。
*ほとんどの機種は購入者自身で比較的簡単に取付可能である。AC100V[[商用電源]]で動作するものと[[電池]]で動作するものがあり、既存住宅向けには電気工事が不要な、[[リチウム電池]]で10年間動作するタイプが主流となっている。警報音はピー音が主流であるが、子供や高齢者向けに「火事です」などと音声メッセージで知らせる機種も各メーカーから発売されているので家族構成や好みに合わせて機種を選べる。
([http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/kasaikeihou.html])
 
==自動=火災知設備について装置===
[[防災センター]]や管理室に設置された押しボタンを操作するか、自動火災報知設備との連動によって自動的に消防署に火災通報を行う装置である。起動すると自動的に[[119番]]に電話をかけ、装置に予め[[録音]]されたメッセージを送信する。[[旅館]]・[[ホテル]]等や[[病院]]・[[診療所]]、[[老人福祉施設]]等には設置義務がある。
[[消防法]]により、一定面積以上の建物や重要文化財などのある防火対象物には自動火災報知設備の設置が義務付けらている。
炎の熱や煙を感知する感知器のほか、その信号を受信してベルなどを鳴らす信号に変える[[受信器]]・[[押ボタン]]で火災信号を送る[[発信器]]・火災信号を受信して鳴動する[[ベル]]や[[非常放送]]装置などで構成されている。中には屋内[[消火栓]]や[[シャッター]]・[[防火扉]]などと連動するものもある。
 
感知器もドーナツ程度の大きさのスポット型のほか配線状の長い管式のもの(分布型)など用途や面積に応じて幾つかの種類が存在する。熱感知器は温度の変化に反応する差動式と一定の温度で金属片が反応する定温式があり、設置場所に応じて使い分ける。煙感知器は光電式が主流である。
 
*設置工事および点検整備には[[消防設備士]]の[[国家資格]]が必要であり、点検周期は法令で規定されている。
*通常はAC100V[[商用電源]]で動作するが、不意の[[停電]]に備えるべく自動火災報知設備には[[蓄電池]]が装備されている。
*消火ポンプの非常用[[電源]]として非常用予備[[発電装置]]を使用する場合も少なくない。
 
==外部リンク==
*[http://www.fdma.go.jp/ 総務省消防庁]
*[http://www.kaho.or.jp/ 日本火災報知機工業会]
*[http://www.fesc.or.jp/ 日本消防設備安全センター]
 
[[category:建築計画|かさいほうちき]]
 
 
[[de:Brandmelder#Rauchmelder]]
[[en:Smoke detector]]
[[nl:Rookmelder]]
[[sv:Brandvarnare]]
136

回編集