「ジョーン・オブ・ナヴァール」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''ジョーン・オブ・ナヴァール'''('''Joan of Navarre''', [[1370年]]? - [[1437年]][[6月10日]])は、[[イングランド]]国王[[ヘンリー4世 (イングランド王)|ヘンリー4世]]の王妃。[[ナバラ王国|ナバラ]]国王[[カルロス2世 (ナバラ王)|カルロス(シャルル)2世]]と王妃フアナ(ジャンヌ、[[フランス王国|フランス]]王[[ジャン2世 (フランス王)|ジャン2世]]の娘)の娘。兄は[[カルロス3世 (ナバラ王)|カルロス(シャルル)3世]]。[[フランス語]]名'''ジャンヌ・ド・ナヴァール'''(Jeanne de Navarre)
 
最初の夫は[[ブルターニュ公]][[ジャン4世 (ブルターニュ公)|ジャン・ド・モンフォール4世]]であった。ヘンリー・オブ・ボリンブロク(後のヘンリー4世)が[[リチャード2世 (イングランド王)|リチャード2世]]により追放され、ブルターニュに居をかまえたとき、当時公爵夫人だった彼女を見そめたという。
 
1403年、亡夫との間にできた[[マリー・ド・ブルターニュ|マリー]]、[[アルチュール・ド・リッシュモン|アルチュール]]らをブルターニュに残し、ヘンリーと結婚した。王との間に子はできなかった。
匿名利用者