「世説新語」の版間の差分

m
 
== 日本への影響 ==
『世説新語』はたいへんよく読まれ、その亜流も数多く出現したが、[[明]]代の中国において編纂された『世説新語補』が[[徳川]]期の[[日本]]へ紹介され、和刻本も出版された。[[秦鼎]]の『世説箋本』等、その研究も盛んに行われた。
 
==主な登場人物==
2,477

回編集