「プロタゴラス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: fa:پروتاگوراس)
編集の要約なし
'''プロタゴラス'''(<font lang="el">'''Πρωταγόρας</font>''', [[紀元前500年]]?-[[紀元前430年]]?)は[[古代ギリシア]]の[[哲学者]]、[[ソフィスト]]の一人である。
 
[[アプデラ]]生まれといわれる。[[デモクリトス]]に学び、ソフィストとして知られた。また、[[トゥリオイ]](アテネの植民地)の法律を作ったという。
「万物の尺度は人間である」という言葉で知られ、[[相対主義]]を唱えた人物の一人として有名である。人間それぞれが尺度であるから、相反する言論が成り立つのである。
 
こうした主張からソフィストは[[詭弁]]を用いて黒を白と言いくるめる、とみなされるようになった。一方、尺度の基準は人間あるとの立場は[[ルネサンス]]が人間を尺度とする復興であったことを想起すから、尺度の基準は人間であると主張した[[ギリシア哲学]][[西洋哲学]]におけるソフィストの存在を軽視してはならないことを示していが分かる。
 
 
匿名利用者