メインメニューを開く

差分

HE-AAC

267 バイト除去, 10 年前
音質
 
== 音質 ==
高音域と中低音を分離したおかげで48kbps程度でCDの音質を実現しているとされるが、高音域と中低音域を分離している関係上、それ以上ビットレートを上げても大して音質が向上しない。
SBRとParametric Stereoを採用したHE-AACはその仕様から、低ビットレート向けのコーデックという評価が一般的になりつつある。48kbpsでCDの音質を実現するとされるが、HE-AACの技術的な利点が発揮されるのは、一般的にこれまでのコーデックが苦手としてきた低いビットレートでエンコードされた場合であり、単純に、圧縮音楽におけるファイルサイズ:音質の効率比を改善したわけではない。
 
また、高音域の成分が複雑に入っている音は高音域のノイズが目立ちにくいが、高音域の成分がある程度単調な音ではノイズが乗っているように聞こえることがある。
34

回編集