「鶴見済」の版間の差分

 
==人物==
東京大学文学部社会学科卒業。大学時代に社会学者・[[見田宗介]]に出会い、その思想に大きな影響を受ける。卒業後、大手電機メーカーに勤務するが[[宝島社]]に転じ、退職後にフリーライターとなる。[[1993年]]『[[完全自殺マニュアル]]』([[太田出版]])が[[ベストセラー]]となったことで一躍有名となった。
 
鶴見は一貫して、現代日本社会における「生きづらさ」の問題にこだわってきた。デビュー作の「完全自殺マニュアル」では、生きづらさからの究極の脱出法としての「自殺」をテーマにして物議をかもしたが、この社会がこれほどまでに生きづらいのだとアイロニカルに訴えた本でもあった。また[[1996年]]に出版された『人格改造マニュアル』(太田出版)では、薬物(違法薬物·[[向精神薬]]·[[市販薬]]等)·[[自己啓発セミナー]]·[[催眠]]·[[自己暗示]]等により「生まれ持っている人格を変革させる」ことで生きづらさを解消するという斬新な選択肢を提示した。それから時間を経た現在、自らのブログで、薬物について「([[メチルフェニデート|リタリン]]について)依存性が無い薬だと書いたのは間違いだった」また「覚醒剤についても肯定的に書いたことを今は後悔している」と書いている。
著者はかつて、[[覚醒剤]]などの薬物の使用について肯定的に捉えており、その記述も多くみられた。
[[1996年]]に出版された『人格改造マニュアル』(太田出版)では、薬物(違法薬物·[[向精神薬]]·[[市販薬]]等)·[[自己啓発セミナー]]·[[催眠]]·[[自己暗示]]等により「生まれ持っている人格を変革させてしまおう」という、発想としてはとても斬新だが、反社会的な性格も強い内容を著していた。
しかし[[覚せい剤取締法]]違反容疑で[[逮捕]]され、[[1998年]][[5月6日]]に[[懲役]]1年6ヶ月[[執行猶予]]3年の判決を受けた。
 
[[1998年]]に出版された『[[檻のなかのダンス]]』や[[2000年]]に出版された共著『[[レイヴ力]]』では、「リズムに合わせて踊る」というシンプルな動作を通して、生の根拠としての[[身体]]に到達。生を肯定し自然界の一部であることを再認識するという方向に向かい始めた。最近の活動は[[ブログ]]や[[ネットラジオ]]が主であるが、そこでは自分たちを苦しめてきた「生きにくさ」を生み出している、社会(人間界)のしくみへの批判などを発信している。
鶴見自身は『[[檻のなかのダンス]]』で檻の中での経験談と共に、「覚醒剤を自分のカネで買って、人に迷惑をかけずに、自分でやる──どう考えても、悪いこととは思えない」(p.28)、「覚醒剤の裁判が完全な芝居だってことは、この世界じゃ常識だ」(p.30)、「覚醒剤凶悪犯なんて全然いない」(p.237)、「今の法律が間違ってる」(p.243)、「今の覚醒剤の取り締まりは、酒に酔って人を殺したヤツがいたからといって、酒を飲む人を全員逮捕しているのと同じこと」(p.248)と持論を展開していた時期もあった。
 
それから時間を経た現在、自らのブログで、自らも使用し続けてきた薬物について「([[メチルフェニデート|リタリン]]について)依存性が無い薬だと書いたのは間違いだった」また「覚醒剤についても肯定的に書いたことを今は後悔している」と語った。
 
『[[檻のなかのダンス]]』で彼が説く生きる哲学のキーワードは「共進化」であった。
最近の活動は[[ブログ]]や[[ネットラジオ]]が主である。覚醒剤で覚醒させてまでしなければ生きられないような生きにくい社会の批判などを発信している。
 
==著書==
9

回編集