「鶴見済」の版間の差分

m
鶴見は一貫して、現代日本社会における「生きづらさ」の問題にこだわってきた。デビュー作の「完全自殺マニュアル」では、生きづらさからの究極の脱出法としての「自殺」をテーマにして物議をかもしたが、この社会がこれほどまでに生きづらいのだとアイロニカルに訴えた本でもあった。また[[1996年]]に出版された『人格改造マニュアル』(太田出版)では、薬物(違法薬物·[[向精神薬]]·[[市販薬]]等)·[[自己啓発セミナー]]·[[催眠]]·[[自己暗示]]等により「生まれ持っている人格を変革させる」ことで生きづらさを解消するという斬新な選択肢を提示した。(それから時間を経た現在、自らのブログで、薬物について「([[メチルフェニデート|リタリン]]について)依存性が無い薬だと書いたのは間違いだった」また「覚醒剤についても肯定的に書いたことを今は後悔している」と書いている。)
 
[[1998年]]に出版された『[[檻のなかのダンス]]』や[[2000年]]に出版された共著『[[レイヴ力]]』では自らの[[レイブ]]体験から、「リズムに合わせて踊る=[[ダンス]]」というシンプルな動作を通して生の根拠としての[[身体]]に到達。生を肯定し自然界の一部であることを再認識するという方向に向かい始めた。最近の活動は[[ブログ]]や[[ネットラジオ]]が主であるが、そこでは自分たちを苦しめてきた生きにくさ」を生み出してる、社会(人間界)のしくみへの批判(競争社会、[[格差社会]]、[[新自由主義]]、[[右傾化]]、[[改憲]]論など)に比重を移すとともに、自分と人間界と自然界の関係をトータルにとらえる「総論」を提唱している。
 
==著書==
9

回編集