「可算名詞」の版間の差分

編集の要約なし
'''可算名詞'''は、[[英語]]などの言語の[[名詞]]のうち、1つ、2つと数えられるものを指す名詞のことをいう。それに対して、物質名詞や抽象名詞概念のように直接的に数えられない(量的な多寡でのみ表現可能な)ものを指す名詞は'''不可算名詞'''である。
 
==英語==
| last=マーク・ピーターセン
| title=続日本人の英語
| publisher=岩波新書 : ISBN 4-00-430139-4
| isbn=4-00-430139-4
}}</ref>。通常、英語の辞書では、可算名詞には [C] (countable の略)、不可算名詞には [U] (uncountable の略)などといった記号が付けられている。
 
 
===文脈によるもの===
集合的・総体的に表す場合など、文脈によっては可算名詞にも不可算名詞にもなる場合もある。例えば、rope (ロープ)という単語は、「始端と終端のある1本のロープ」という意識がある文脈では可算名詞の "a rope" という使われ方をし、漠然と「ロープというもの」という意識がある文脈では不可算名詞の "rope" という使われ方をする。
 
===可算性===
名詞の可算性がはっきりと定義されない[[日本語]]のような言語で数詞を付けて1つ、2つと数えられる名詞が、英語では不可算名詞とされているものも多い。一例では野菜の[[アスパラガス]](asparagus)や[[ブロッコリー]](broccoli)が不可算名詞とされ、逆に数としては数えにくい[[光線]](ray)が英語では可算名詞とされているなど、日本語の概念と異なるものも多い。個々の語の可算・不可算については、辞書で確認のこと。
 
===可算名詞・不可算のルール===
単数の不定のもの可算名詞は「[[冠詞|不定冠詞]] a / an +単数形」、複数の不定のもの可算名詞は無冠詞の複数形で表す。また,''可算名詞 + of + 可算名詞''かたちで不可算名詞は無冠詞(量を数えることもある形)で表す定性例:a cup of coffee = カップ1杯文脈から「どれ」と特定されうるもコーヒー)のものにはtwo可算・不可算、単数・複数に関係なく、「定冠詞 cupsthe of coffee = 2杯のコーヒー)+名詞」が付く。
 
また,''可算名詞 + of + 不可算名詞''のかたちで不可算のものが可算化されたものを数えることもある。例えば、物質であり不可算であるコーヒーは、カップに入れられて形のあるモノとなり、1杯、2杯と数えることができるようになる。このようにして可算化された「カップ1杯のコーヒー」を a cup of coffee と表現する。2杯ならば two cups of coffee となる。a coffee や two coffees などと表現することはできない。この場合も、どれか特定の1杯のコーヒーなら the cup of coffee となる。
 
前述のアスパラガスやブロッコリーを数える場合は、以下のような表現が使われるといわれている。
匿名利用者