「MACアドレス」の版間の差分

m
MACアドレスの競合および変更可能性についての説明を整理した
m (ロボットによる 追加: ko:맥 주소)
m (MACアドレスの競合および変更可能性についての説明を整理した)
グローバルアドレスの場合、上位24ビットはネットワーク製品の製造者が、世界中のMACアドレスの管理を行なっている[[IEEE]]に1,650米ドルという料金を支払って、割り当てと登録を受けており、'''OUI'''(Organizationally Unique Identifier)と呼ばれる<ref>日経NETWORK 2006年9月号「ネットワークの基礎 MACアドレス」p82</ref>。 下位24ビットは各製造者が独自に重複しないように割り当てており、1つのOUIの割り当てを受けることで1677万7216個の製品に個別のMACアドレスが割り振れる。この仕組みにより、原則として、MACアドレスは世界中で唯一の番号となる。IEEEではOUIの登録データをWebで検索できるようにしている。
 
しかし実際は、古い製品とネットワークを組むと、ごく稀にMACアドレスが競合するケースがある。また、MACアドレスが変更可能なネットワーク機器も、かなり販売されている。なお、MACアドレスが競合するとルーターやNICを破損させてしまう可能性があるため注意が必要である。また、MACアドレスが変更可能なネットワーク機器もかなり販売されている。つまり、MACアドレスは偽装可能であり、[[無線LAN]]などで広く使われているMACアドレス・フィルタリングだけでは、ネットワーク・[[コンピュータセキュリティ|セキュリティ]]から見れば強固な防衛手段とはいえない。
 
通常、MACアドレスの表現には、04-A3-43-5F-43-23 や 32:61:3C:4E:B6:05 といった[[オクテット]]表現を用いる("04","5F"や"B6"が、それぞれオクテットである)。
49

回編集