「根岸友山」の版間の差分

編集の要約なし
'''根岸友山'''('''ねぎし ゆうざん'''、[[文化 (元号)|文化]]6年([[1809年]])[[11月27日 (旧暦)|11月27日]]([[1810年]][[1月2日]]) - [[明治]]23年([[1890年]])[[12月3日 (旧暦)|12月3日]])は[[壬生浪士組]]同士後[[新徴組]]。
 
豪農[[根岸信保]]の長男として生まれる。剣術は[[千葉周作]]に学んだ。その後自宅で剣術や学問を教えたりしていた。
 
[[文久]]3年([[1863年]])、[[浪士組]]に参加。[[近藤勇]]、[[芹沢鴨]]らとともに[[京都]]に残る。その後[[遠藤丈庵]]、[[清水五一]]らとともに[[江戸]]に戻り新徴組に参加するがすぐに脱退。以後は討幕の意志を固めた。[[鳥羽・伏見の戦い]]で旧幕府軍が負けると盛大に祝ったという。
 
明治23年12月3日死亡。享年88。墓は冑山共同墓地([[埼玉県]][[大里郡]][[大里町]])にある。
匿名利用者