「式三番」の版間の差分

「翁」2008年3月21日 (金) 02:43版を統合。
(独自研究タグ)
(「翁」2008年3月21日 (金) 02:43版を統合。)
{{統合提案|翁|式三番|date=2008年3月}}
{{出典の明記}}
'''式三番'''(しき-さん-ばん)とは、[[能]]・[[狂言]]とならんで[[能楽]]を構成する特殊な[[芸能]]の一つ。能楽の演目から転じて、[[歌舞伎舞踊]]や[[日本舞踊]]にも取入れられているほか、各地の[[郷土芸能]]・神事としても保存されており、極めて大きな広がりを持つ芸能である。
[[Category:能|しきさんはん]]
[[Category:狂言|しきさんはん]]
 
{{統合提案|式三番|式三番|date=2008年3月}}
'''翁'''(おきな)とは[[能楽師]]や[[狂言師]]によって演じられる日本の伝統芸能である。明確な筋書きがある物語であるものが殆どの能や狂言に対し、「翁」にはこれといった筋書きは無く、物語というよりは五穀豊穣や天下泰平の祈祷と位置づけられる。
 
==解説==
[[Image:%E8%BB%8A%E7%BF%81%E8%88%9E.JPG|thumbnail|240px|right|翁]]
能楽師や狂言師によって演じられるものの、「翁」は能や狂言とは見なされない、独自の芸能である。演目は「父尉」「翁」「三番猿楽(三番叟)」の三つしか存在しない。ただし近年では「父尉」は省略され、「翁」と「三番猿楽」の二つを上演する形態が多い<ref>[http://www2.ntj.jac.go.jp/unesco/noh/jp/noh_plays/okina.html 能楽への誘い]</ref>。「翁」は能楽師が、「三番猿楽」は狂言師が演じる。
 
能との顕著な違いの一つに、面を着ける場所がある。能においては面は舞台向かって左奥の「鏡の間」において着脱されるが、「翁」では面は舞台上で着脱される。また「鏡の間」への神棚設置や切り火によるお清め、別火(演じ手の茶の用意や、鼓を乾かす為の火を、特別な取り扱いとする)などによる舞台・演じ手の聖別も行われる。
 
===「翁付き」===
稀に、「翁」に続けて連続で「[[高砂]]」や「[[養老]]」、「[[鶴亀]]」、「老松」などの能が同じ演者たちによって上演されることがある。これを「翁付き」と呼ぶ。「翁付き」となるのは目出度い内容の演目であり、またこの形式を採る演能は最も高い格式を持つ演能として扱われる。ただし囃子方などは3時間前後、舞台に上がりっぱなしとなる為、体力的にも最も高いものを要求される。
 
=== 明宿集における「翁」論 ===
[[1964年]]([[昭和]]39年)に発見された[[金春禅竹]]による[[能楽]]理論書『[[明宿集]]』の中に、翁を論じた箇所が見える。禅竹は翁を「猿能の能の世界を司る存在」と捉えていたようである。老爺の容姿をしており、人間の目では無意識の状態でのみ姿を見ることが出来る存在。したがって、意識して見ようとすれば見えない存在である。
 
元来は、「[[北極星]]」あるいは「[[胎児]]の化身」などと考えられていたが同書によると、翁とは「[[宿神]]」つまり、この世とあの世を繋ぐ[[精霊]]のようなものと記されている。
 
<!--==その他==
老人男性を指して「翁」を使う場合もある。他人を呼ぶ時に使うと敬う意味になり(例:「[[芭蕉|芭蕉翁]]」、「竹取の翁([[竹取物語]])」など)、自身を呼ぶ時に使うとへりくだる意味になる。-->
 
==注==
<references />
 
== 関連項目 ==
*[[車大歳神社の翁舞]]
 
==外部リンク==
*[http://www.k2.dion.ne.jp/~t7d7/okinaarasuzi.html 「翁のあらすじ」(観世流能楽師橋本忠樹のページ)]
 
 
[[Category:能|おきな]]
7,218

回編集