「無党派」の版間の差分

日本では特定の政党に帰属せず、支持政党をはっきり決めていない有権者が多い。そして、選挙の度に公職選挙の候補を変えることもある。そのため、公職選挙において当選するには、無党派の支持を拡大することが重要といわれている。
 
[[1995年]]に[[東京都知事選挙]]と大阪府知事選挙で無所属の[[青島幸男]]・[[横山ノック]]両候補が当選し、既成政党の候補が敗れた時、無党派が注目されるようになった。同年、無党派は[[新語・流行語大賞]]の年間大賞に選ばれた。
 
== 無党派拡大の背景 ==
無党派層が候補者の所属団体のみにこだわり、政策を考慮しない姿勢を逆手に取り、団体に所属しないことのみを強調し、政策を全く語らない候補者も出てくる。これらの候補者を'''無党派候補'''と称する。
 
古くは「[[良識の府]]」として党派に所属すべきで無いという[[参議院議員]]の間に広まった。[[青島幸男]]や[[横山ノック]]などが先駆けとされる。この2人は後に東京都・大阪府両知事選で当選し、「'''無党派知事'''」と持てはやされた。なお、青島は[[1995年]]の[[新語・流行語大賞]]で年間大賞を受賞している。なお、無党派知事の先駆けとして、保守分裂で自民党系ながらも本部の推薦を受けられなかった[[鈴木俊一]](東京都)や[[天野建]](山梨県)を挙げる説もある。
 
政策を全く異にする候補者がひと括りにされることも多い(例えば[[川田悦子]]と[[江田憲司]]、[[橋本大二郎]]・[[田中康夫]]・[[東国原英夫]]と[[石原慎太郎]]・[[中田宏]]など)。
 
無党派と称される、もしくは自称する候補者が必ずしも政党・団体に全く所属していないとは限らない。石原慎太郎などは[[自由民主党 (日本)|自民党]]所属である。また、「[[政治団体]]無党派」([[泡沫候補]][[辻山清]])「[[無党派市民連合]]」([[中山千夏]]、[[矢崎泰久]]、[[永六輔]]ら)など、無党派を冠する団体もある。
 
なお、[[泡沫候補]]は無所属が多く、組織のバックアップのない純粋な無党派候補も多い。