「廣木道心」の版間の差分

編集の要約なし
'''廣木 道心'''(ひろき どうしん、[[1972年]]([[昭和]]47年)- )は、[[兵庫県]]出身の[[武道家]]。総合護身武術「[[躰全道]]」(たいぜんどう)」の創始者。国際躰全道連盟宗家。
 
自身のルーツが[[葉隠]]で有名な[[肥前国]][[鍋島藩]]士の末裔であることを知り[[武士道]]、武道に興味を持つ。15歳より独自に鍛錬を開始。17歳で[[少林寺拳法]]を学び、19歳から[[空手]]をはじめ、以降、[[拳法]]、[[柔術]]、[[居合]]、[[剣術]]など日本の[[武道]]を修業。さらに[[中国拳法]]、[[ムエタイ]]、[[サバット]]、[[ブラジリアン柔術]]など海外の武術、[[格闘技]]を研究。修得した技術に自己の実戦経験を踏まえ、新たに肉体と精神を守るための総合武道として[[2000年]]に[[躰全道]]を創始した。[[2007年]]6月26日には[[窃盗]]犯に出くわし取り押さえている。<ref>[http://ja.wikipedia.org/wiki/最近の出来事_2007年6月 最近の出来事_2007年6月]</ref>
 
== 参考文献 ==
匿名利用者