「拳法」の版間の差分

m (ロボットによる 変更: pt:Kenpō)
: 日本拳法は、柔道家であった澤山が、[[当身技]]が[[柔道形]]にあるにもかかわらず練習されていないことから練習体系を確立するために、[[空手道]]などを参考にして大日本拳法として創始し、戦後に日本拳法と改称した。独自の防具を用い実際に加撃することが特徴であり、空手道などと互いに影響を及ぼしながら技術体系が錬られていった。[[ボクシング]]の[[渡辺二郎]]や[[キックボクシング]]の[[猪狩元秀]](現、NPO 法人日本拳法協会主席師範)などの世界チャンピオンを輩出し、[[自衛隊]]の[[自衛隊格闘術|自衛隊徒手格闘]]の原形に、また[[警察]]の[[逮捕術]]にもその技術がとりいれられたことでも知られている。特筆すべきは自由組手の形式をいちはやく確立していたことである(現在の日本拳法では「組手」という用語は用いていない)。
 
以上のような状況の一方に、日本の[[柔術]]にも当身技が多い流派はいくつかある。代表的なものに、[[柳生心眼流]]、[[真極流]]の一派、[[諸賞流]]、[[天神明進流]]、[[高木流]]などがあり、近代に創始されたものでは[[神道天心流]]などがある。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者