「堀辺正史」の版間の差分

編集の要約なし
'''堀辺 正史'''(ほりべ せいし、[[1941年]][[10月14日]] - )は、[[茨城県]][[水戸市]]出身の[[日本武道傳骨法]]創始師範。中華民国国術会顧問。[[奈良時代]]より日本に伝わる独自の[[拳法]]という[[骨法 (格闘技)|骨法]](こっぽう)の正統継承者を称する。武名は'''堀辺正史源一夢'''。
 
著書、喧嘩芸骨法によると、[[東條英機]]の[[ボディガード]]を務めた父からその技を相伝され、骨法司家の第52代を襲名し、伝統的骨法の修行と同時にケンカ・他流試合に明け暮れた日々の中から、実戦的な格闘技術を習得、古伝の骨法に改変を加えたという。また、[[大東流合気柔術]]の[[佐川幸義]]の講習を受けたこともある(佐川幸義より中伝三段を授かった[http://homepage2.nifty.com/aiki-rentai/newpage3.html])が、佐川道場の兄弟子の[[吉丸貞雄]](号・慶雪、現 合気錬体会主宰)と独立した。<ref>[[高橋賢 (武道史研究家)|高橋賢]]『佐川幸義先生伝 大東流合気の真実』 福昌堂 2007年</ref>(吉丸によると「義理換骨拳の立ち上げを手伝った」としてい時期もあ[http://homepage2.nifty.com/aiki-rentai/newpage3.html])
 
東京の東中野に道場を開き、[[一子相伝]]の[[武術]]であった骨法を「喧嘩芸骨法」として公開。[[アントニオ猪木]]、[[ザ・コブラ]]、[[藤波辰巳]]、[[獣神サンダー・ライガー]]、[[船木誠勝]]など[[プロレスラー]]にその技を伝えた事で、格闘技・[[プロレス]]ファンから注目される。当時[[週刊プロレス]]編集長だった[[ターザン山本]]も彼に注目し、共著もある。また、[[1990年代]]に入り、ある[[対戦型格闘ゲーム]]の[[アンディ・ボガード|キャラクター]]に骨法の使い手が登場、若者にもその名が知られるようになる。
 
[[1994年]]の[[バーリトゥード]]時代の幕開けに合わせて、より格闘性を重視した路線に変更、「日本武道傳骨法」を名乗る。最近では[[整体]]術も教えている。
 
=== 注 ===
<references/>
 
== 堀辺の経歴詐称・骨法捏造疑惑 ==
堀辺は、[[大東流合気柔術]]の[[佐川幸義]]の弟子であった(佐川幸義より中伝三段を授かった[http://homepage2.nifty.com/aiki-rentai/newpage3.html])が、佐川道場の兄弟子の[[吉丸貞雄]](号・慶雪、現 合気錬体会主宰)と独立し<ref>[[高橋賢 (武道史研究家)|高橋賢]]『佐川幸義先生伝 大東流合気の真実』 福昌堂 2007年</ref>換骨拳を興した。(吉丸によると「義理で換骨拳の立ち上げを手伝った」としている[http://homepage2.nifty.com/aiki-rentai/newpage3.html])。このように、当初は「骨法」ではなく「換骨拳」という名称であったが、堀辺が著書などで「換骨拳」については全く言及していない。
上記に述べられた、骨法の歴史や堀辺の経歴が、実は全くの出鱈目である、という説が存在するが、骨法捏造を裏付ける証拠は無く、また、それらの説は[[2ちゃんねる|2ちゃんねる]]等を参照しており、情報元は明らかでは無い。
 
上記これ以外述べられた、骨法の歴史や堀辺の経歴が、実は全くの出鱈目であを疑問視す、という説が存在するが、骨法捏造をそれらについては裏付ける証拠は無く、また、それらの説は[[2ちゃんねる|2ちゃんねる]]等を参照しており、情報元は明らかでは無い。
 
== 堀辺正史の著作 ==
* 第七号・特集「格闘競技の現状と未来」 平成4年3月10日
* 以後は休刊中
 
=== 注 ===
<references/>
 
== 関連項目 ==
匿名利用者