「ナタリー・トージア」の版間の差分

Link修正
(Link修正)
|ダブルス最高=3位
}}
'''ナタリー・トージア'''('''Nathalie Tauziat''', [[1967年]][[10月17日]] - )は、[[フランス]]の女子プロ[[テニス]]選手。[[1998年]]の[[ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]女子シングルス準優勝者。身長165cm、体重63kgと小柄な体格の選手で、独特な片手打ちのバックハンド・スライス(逆回転のボール)とネット・プレーを最も得意にした。[[女子テニス協会|WTA]]ツアーでシングルス8勝、ダブルス25勝を挙げる。ウィンブルドン準優勝の後、30歳を過ぎてから世界トップ10に定着した、女子プロテニス界では遅咲きの選手だった。
 
[[中央アフリカ共和国]]の首都・[[バンギ]]で生まれ、8歳まで当地で過ごした。[[グランドスラム (テニス)|4大大会]]初出場は16歳の時で、[[1984年]]の[[1984年全仏オープンテニス|全仏オープン]]であった。地元の同大会では、7年後の[[1991年全仏オープンテニス|1991年]]に出したベスト8進出が自己最高記録である。この時は4回戦で[[日本]]の[[沢松奈生子]]選手に 7-5, 2-6, 12-10 で競り勝ったが、続く準々決勝で[[シュテフィ・グラフ]]に 3-6, 2-6 で完敗した。(トージアはグラフには「21戦全敗」で、1セットも取れなかった。)
[[ウィンブルドン選手権|ウィンブルドン]]では[[1992年ウィンブルドン選手権|1992年]]、[[1997年ウィンブルドン選手権|1997年]]にベスト8進出があり、[[1998年ウィンブルドン選手権|1998年]]に30歳で初の決勝進出を果たす。これはフランスの女子テニス選手として、[[1925年]]の[[スザンヌ・ランラン]]以来「73年ぶり」の進出であった。その決勝戦では[[ヤナ・ノボトナ]]に 4-6, 6-7 のストレートで敗れて準優勝になった。その後もウィンブルドンでは、[[1999年ウィンブルドン選手権|1999年]]と[[2001年ウィンブルドン選手権|2001年]]にベスト8進出がある。トージアのプレー・スタイルは、ウィンブルドン選手権で最大の威力を発揮した。
 
女子国別対抗戦・[[フェドカップ]]での[[フランス]]代表としての活動歴も長く、[[1997年]]のワールド・グループ1回戦でトージアは[[東京]]・[[有明コロシアム]]で沢松と再び 7-5, 4-6, 17-15 の激闘を戦っている。フランス・チームはこの年にフェドカップ初優勝を果たした。ところが[[2000年]]4月、トージアは『女子テニス界の裏側』という題名の暴露本を出版する。この著書にフランスのチームメートへの批判的な内容も含まれていたことで、彼女は同年の[[シドニーオリンピックにおけるテニス競技|シドニー五輪]]のフランス代表を外された。
 
トージアは[[2001年]]のシーズンを最後に女子ツアー大会のシングルスから撤退したが、最後の4大大会シングルス出場となった同年の[[2001年全米オープンテニス|全米オープン]]は4回戦進出で終わった。ダブルスでは[[2003年]]まで現役を続行し、最後の試合出場は[[2003年全仏オープンテニス|2003年全仏オープン]]の女子ダブルス1回戦であった。
35,270

回編集