「ピエール・シャルル・ランファン」の版間の差分

編集の要約なし
m (+Cat)
[[Image:l_enfant.gif|frame|right|ピエール・シャルル・ランファン]]
 
'''ピエール・シャルル・ランファン'''(フランス語名:'''Pierre Charles L'Enfant'''、[[1754年]][[8月2日]] - [[1825年]][[6月14日]])は、[[フランス]]生まれのアメリカの[[建築家]]、[[都市]]。現在は[[ワシントンD.C.]]としても知られる、[[アメリカ合衆国]]の連邦都市建設計画の下図を最初[[コンペ]]当選し基本計画案を作成した人物である。
 
== 来歴 ==
[[1779年]]、[[ジョージア州]][[サバンナ (ジョージア州)|サバンナ]]で起こった[[サバンナの包囲攻撃]]で負傷したランファンであったが、その後は回復し残りの[[アメリカ独立戦争]]を陸軍技師[[大尉]]として、司令官[[ジョージ・ワシントン]]に仕えた。[[1783年]][[5月2日]]、ランファンはアメリカの自由を勝ち取った独立戦争での貢献が認められ、名誉昇進として[[少佐]]に昇格した。
 
戦争に続いて、ランファンは[[ニューヨーク]]にある[[フェデラル・ホール]]の再設計を行ったことで、[[建築家]]としての名声を得た。そのほかにも彼は硬貨、メダル、そして富裕な人々への家具や住居をデザインした。その後まもなく、縁故があったために彼はアメリカ合衆国の最初の大統領となったジョージ・ワシントンより、3人の長官の監督の下で新しい連邦首都の意匠を担う人物に指名された。後にコロンビア特別区となる、10平方マイルの連邦地域の計画立案と土地開発を監督させるため、ワシントンは3人の長官を任命していた。ランファンは[[1791年]]に設計に取りかかった。
 
[[Image:L'Enfant_plan.jpg|160px|right|thumb|アンドリュー・エリコットにより改訂されたランファンのワシントンD.C.計画案]]
匿名利用者