「高見勝利」の版間の差分

記述の一部を加筆・修正
(記述の一部を修正)
(記述の一部を加筆・修正)
{{加筆|経歴等の年譜、著作・論文一覧といった作品リストだけでなく、人物評・主張する学説の具体的内容などを[[検証可能性]]を満たす出典付で加筆をお願いします。|date=2008年4月}}
'''高見 勝利'''(たかみ かつとし、[[1945年]][[4月17日]] - )は、日本の[[法学者]]。[[上智大学]][[教授]]。[[北海道大学]][[名誉教授]]。専門は[[憲法]]。 [[博士 (法学)|法学博士]]([[東京大学]]、1974年)(学位論文「国民代表政成立史論-十八世紀末西欧における国民代表政の成立とその意義-」)。[[兵庫県]][[淡路島]]出身。
 
== 人物 ==
[[立教大学]][[法学部]][[助手]]、[[小樽商科大学]][[商学部]][[助教授]]、[[筑波大学]]社会科学系助教授、[[九州大学]]法学部助教授・教授、[[北海道大学]]法学部教授、[[国立国会図書館]]専門調査員を経て、2007年現在、上智大学[[大学院]][[法学研究科]]法曹養成専攻教授。
 
著書『芦部憲法学を読む』は[[芦部信喜]]の統治機構論を知る上で貴重である。
== 略歴 ==
*1968年 [[中央大学]]法学部法律学科卒業
*1974年 [[東京大学]]大学院[[法学政治学研究科]][[博士課程]]修了(博士論文「国民代表政成立史論-十八世紀末西欧における国民代表政の成立とその意義-」)
 
== 主要著書・編著 ==
1,047

回編集