「ボンゴ・フューリー」の版間の差分

仕上げ
(en:Bongo Fury(03:28, 5 April 2008)を転載、一部翻訳)
 
(仕上げ)
| Background = darkturquoise
| Released = [[1975年]]10月
| Recorded = [[1974年]]1月-2月(スタジオ) - [[1975年]]5月20日-21日(ライヴ)
| Genre = [[ハードロック]]<ref name="AMG">{{cite web |url=http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:jpfrxqq5ldse~T0 |title=AlbumReview reviewof ''Bongo Fury'' |accessdate=20072008-1101-0225 |last=Planer |first=Lindsay |coauthors= |date= |work= |publisher=[[オール・ミュージック・ガイド|All Music Guide]]}}</ref>、[[プログレッシブ・ロック]]<ref name="AMG"/>、[[プロト・パンク]]<ref name="AMG"/>、[[ブルースロック]]<ref name="AMG"/>、その他いろいろ
| Length = 38分55秒
| Label = [[ディスクリート・レコード]]、[[ライコディスク]]
* [[ローリング・ストーン|Rolling Stone]] (not rated) [http://www.rollingstone.com/artists/frankzappa/albums/album/225957/review/5941193/bongo_fury link]
| Chart position =
* 66位<ref name="chart">{{cite web |url=http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:jpfrxqq5ldse~T3 |title=Chart & Awards for ''Bongo Fury'' |accessdate=2008-01-25 |last= |first= |coauthors= |date= |work= |publisher=[[オール・ミュージック・ガイド|All Music Guide]]}}</ref>(ビルボード・ポップ・アルバム)
| Certification =
| Sales =
}}
 
'''ボンゴ・フューリー''' ('''Bongo Fury''') は、[[1975年]]にリリースされた[[フランク・ザッパ]]と[[キャプテン・ビーフハート]]のアルバムである。アルバムの大部分を占めるライヴ演奏は1975年5月20日から21日にかけて[[テキサス州]][[オースティン]]のアルマジロ世界本部 ([[:en:Armadillo World Headquarters|Armadillo World Headquarters]]) で録音された。またスタジオ音源は1974年の1月、『[[ワン・サイズ・フィッツ・オール]]』や『[[スタジオ・タン]]』の大部分が制作されたセッション期間中に録音された
The live portions were recorded in May 1975 at the Armadillo World Headquarters in Austin, Texas. Studio tracks were recorded in January 1974 (during the sessions which produced One Size Fits All and much of Studio Tan).
 
このアルバムはザッパの膨大なディスコグラフィ全体の中でもとりわけ重要な作品の1つとなっている。『[[アポストロフィ (')]]』や『[[ロキシー&エルスウェア]]』などの先行する作品で大々的に活躍していた、1970年代初期にザッパが率いたバンドのメンバーの多くにとって、ザッパとの共演はこのアルバムが最後となる。[[ナポレオン・マーフィー・ブロック]]は「キャロライナ・ハードコア・エクスタシィ」における3声のハーモニーのみならず、のたうち回るような「アドヴァンス・ロマンス」においてもヴォーカルを務めている。[[キャプテン・ビーフハート]]は、彼にとってはおそらく唯一となったザッパのバンドとのツアーで、2つの短い詩の朗読「角刈りのサム」「マン・ウィズ・ザ・ウーマン・ヘッド」を含めたいくつかの曲でヴォーカルを披露している。また『ボンゴ・フューリー』は、1978年までドラマーとしてザッパのバンドの中核を担った[[テリー・ボジオ]]がはじめて参加した作品としても知られる。
The album is a notable entry in his discography. It was the last to feature a majority of Zappa's early '70s band, which had been used extensively on prior albums such as Apostrophe (') and Roxy & Elsewhere. As such, Napoleon Murphy Brock's vocals are featured both on the sprawling "Advance Romance" as well as on the three-part harmonies of "Carolina Hard-Core Ecstasy". Captain Beefheart, in likely his only tour with Zappa's band, delivers vocals on several tracks, including his two short prose readings "Sam With the Showing Scalp Flat Top" and "Man With the Woman Head." Bongo Fury also marks the first appearance of Terry Bozzio, who would become Zappa's featured drummer up through 1978.
 
== 収録曲 ==
いずれもフランク・ザッパ/マザーズとキャプテン・ビーフハートの共演である。また#3、#8のみ[[キャプテン・ビーフハート|ドン・ヴァン・ヴリート]]による作曲、他はフランク・ザッパ作曲である。
All tracks performed by Frank Zappa and Captain Beefheart.
All tracks composed by Zappa, except tracks 3 & 8 composed by [[Don Van Vliet|Van Vliet]].
 
# デブラ・カダブラ (''"Debra Kadabra"'' <small>(live)</small>) - 3:54
# キャロライナ・ハードコア・エクスタシィ (''"[[:en:Carolina Hard-Core Ecstasy|Carolina Hard-Core Ecstasy]]"'' <small>(live)</small>) - 5:59
# 角刈りのサム (''"Sam With the Showing Scalp Flat Top"'' <small>(live)</small>) - 2:51
# ワイオミングの街の二百年祭 (''"Poofter's Froth Wyoming Plans Ahead"'' <small>(live)</small>) - 3:03
# 200イヤーズ・オールド (''"200 Years Old"'') - 4:32
# クカモンガ (''"Cucamonga"'') - 2:24
# アドヴァンス・ロマンス (''"Advance Romance"'' <small>(live)</small>) - 11:17
# マン・ウィズ・ザ・ウーマン・ヘッド (''"Man With the Woman Head"'' <small>(live)</small>) - 1:28
# マフィン・マン (''"[[:en:Muffin Man (song)|Muffin Man]]"'' <small>(live)</small>) - 5:34
 
== 参加メンバー ==
* [[フランク・ザッパ]] - [[ギター]]、キーボード、ヴォーカル
* [[Terry Bozzio]] - drums
* [[テリー・ボジオ]] - [[ドラムセット|ドラム]]
* Michael Braunstein - engineer
* [[ナポレオン・マーフィー・ブロック]] - [[サクソフォーン]]、ヴォーカル
* [[Napoleon Murphy Brock]] - saxophone, vocals
* [[キャプテン・ビーフハート]] - [[ハーモニカ]]、[[ハープ]]、ヴォーカル、パフォーマー、狂気
* [[Captain Beefheart]] - harmonica, harp, vocals, performer
* [[ジョージ・デューク]] - [[キーボード (楽器)|キーボード]]、ヴォーカル
* [[George Duke]] - keyboards, vocals
* [[ブルース・ファウラー]] - [[トロンボーン]]、ダンサー
* [[Bruce Fowler]] - trombone, dancer
* トム・ファウラー - [[エレクトリックベース|ベース]]、ダンサー
* Tom Fowler - bass, dancer
* [[チェスター・トンプソン]] - ドラム(#5、#6のみ)
* Frank Hubach - engineer
* デニー・ウォーリー - ヴォーカル、[[スライドギター]]
* Kelly Kotera - engineer
 
* Kerry McNabb - engineer
=== 製作 ===
* Davey Moire - engineer
* プロデューサー - フランク・ザッパ
* [[Cal Schenkel]] - design
* エンジニア - マイケル・ブラウンシュタイン、フランク・フーバッハ、ケリー・コテラ、ケリー・マクナブ、デイヴィ・モイア、ボブ・ストーン、マイク・"クレイ"・ストーン
* Bob Stone - engineer
* デザイン - [[カル・シェンケル]]
* [[Mike "Clay" Stone|Mike Stone]] - engineer
* 写真 - ジョン・ウィリアムズ
* [[Chester Thompson]] - drums
 
* Denny Walley - vocals, slide guitar
== チャート ==
* John Williams - photography, cover photo
'''アルバム'''
* [[Frank Zappa]] - guitar, keyboards, vocals, producer
{|class="wikitable"
! 年
! チャート
! 順位
|-
| 1975年
| [[ビルボード]]・ポップ・アルバム
| 66<ref name="chart"/>
|-
|}
 
== 備考 ==
ジャケットは学生時代からの親友であり、終生のライヴァルでもあったザッパとビーフハートの2人が並び、一切の文字を廃した静謐かつ緊張感の溢れた写真を用いている。[http://www.lagalette.fr/blog/images/pablo/IMG_1095.jpg オーストラリア盤]のLPジャケット写真はカットする位置が[http://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/4/4a/Zappa_Bongo_Fury.jpg 他の版]のジャケットと異なっており、ザッパの頭上に掲げられた広告ポスターの下部に書かれた文字 "EADNUS ETALOCOHC" が見える。[http://www.lukpac.org/~handmade/patio/vinylvscds/images/eadnus_etalocohc.jpg この文字]が裏返しになっていることから、理由は不明ながらもこの写真は裏焼きしたものが使用されていることが分かる。
 
== 脚注 ==
{{reflist|2}}
 
== 外部リンク ==
*[http://globalia.net/donlope/fz/lyrics/Bongo_Fury.html アルバムの歌詞と詳細情報]
*[http://www.lukpac.org/~handmade/patio/vinylvscds/bongo_fury.html リリースの詳細]
 
{{フランク・ザッパ}}
886

回編集