メインメニューを開く

差分

# 制度化された社会的不平等の発展。
# 少数もしくは一人の手に、政治的および宗教的支配権力の組み合わせの集中化。
# 居住地域の階層化の開始。一つの規模(塚のある)中心マウンド群をもつような祭祀センターは、少数のマウンドを所有していようといまいと、多くの小さな集落に明らかに影響を及ぼすか支配した。
# 「南東部祭礼様式」<ref>[[:en:Southeastern Ceremonial Complex]]の直訳。日本国内では一部の研究者により「サザン・カルト」の名で知られるがSoutheastern Ceremonial Complexの定訳はない。Antonio J.Waringが1945年の論文で、[[エトワー]]、[[マウンドヴィル]]、スパイロ出土のサザン・カルトのモチーフの比較分析をAmerican Anthropologist誌で行った際にこの用語を初めて用いた。</ref>、または[[サザン・カルト]]と呼ばれるものの祭具の採用。これは現在でも知られているミシシッピ人の信仰様式である。サザン・カルトは[[ウィスコンシン州]](アズタラン州立公園)からメキシコ湾岸、また[[フロリダ州]]から[[アーカンソー州]]や[[オクラホマ州]]にかけて発生した。これは時に、チャンキー([[:en:chunkey]])のような儀式的ゲームに結びつけられている。
 
[[画像:Spiromoundsraccoon.gif|thumb|right|150px|スパイロ・マウンド(オクラホマ州)の壁画に描かれているアライグマ]]
ミシシッピ人は文字体系がなく、石の建築も無かった。自然に発生している金属堆積物を加工できたが、鉄を溶解したり、銅冶金の術はなかった。
 
== 年代学 ==
ミシシッピ文化の発展段階は通常三期ないしそれ以上の時期に区分される。これらの時期のそれぞれは地域ごとに異なるはっきりしない歴史区分である。ある場所でのそれぞれの開始時期は、上記ミシシッピ文化の特徴の採用や発展の速度によって早くなったり遅くなったりしていると考えられる。
9,550

回編集