「ジョージ・バーンズ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: ro:George Burns)
'''ジョージ・バーンズ'''(George Burns,、本名Nathan Birnbaum、[[1896年]][[1月20日]]-[[1996年]][[3月9日]])は、[[アメリカ合衆国]][[ニューヨーク]]生まれの[[俳優]]、[[コメディアン]]。100歳まで生きた俳優の1人
アカデミー賞の助演男優賞を1度受賞。100歳まで生きた俳優の1人。
 
== 生涯経歴 ==
7才の時に、街角で歌を聴かせるピーウィー・カルテットという一座に入り、芸人生活を始める。1923年、後に妻となる[[グレイシー・アレン]]と出会いコンビを結成。2人で舞台・ラジオ・映画・テレビなど幅広く活躍した。1950年からテレビで放送された「The George Burns & Gracie Allen Show」は9シーズン続いた人気番組で、[[エミー賞]]に何度もノミネートされている。妻グレイシーは心臓を患ったため1958年に引退し、64年死去した。<br>
結婚は2度で、2番目の妻とは死まで一緒だった。
その後のジョージはたまにテレビに出演する程度の半引退状態だったが、1975年に[[ニール・サイモン]]の戯曲を映画化した「サンシャイン・ボーイズ」に出演。この作品で[[アカデミー助演男優賞]]を受賞し、以降は再び精力的に活動を始め、神様役を演じた「オー!ゴッド」シリーズなどで人気を得た。
 
== 主な出演映画 ==
*ラヂオは笑ふ ''The Big Broadcast'' (1932)
*恋と胃袋 ''We're Not Dressing'' (1934)
*踊る騎士(ナイト) ''A Damsel in Distress'' (1937)
*踊るホノルル ''Honolulu'' (1939)
*[[サンシャイン・ボーイズ]] ''The Sunshine Boys'' (1975)
*[[オー!ゴッド]] ''Oh, God!'' (1977)
*エイティーン・アゲイン/これで2度目の18歳 ''18 Again!'' (1988)
 
== 外部リンク ==
匿名利用者