「米国化学会誌」の版間の差分

編集の要約なし
1879年に創刊され、1893年に ''Journal of Analytical and Applied Chemistry'' が、1914年には ''American Chemical Journal'' が吸収された。世界各国、化学全般における研究者より投稿される論文は[[ピアレビュー]]により精査され、基準を満たすもののみが掲載される。[[科学情報研究所]] (Institute for Scientific Information, ISI) の統計によると、米国化学会誌は化学分野の中でもっとも引用数の多い雑誌である。2006年現在の編集責任者は[[ユタ大学]]のピーター・J・スタングが務めている。
 
週に1回刊行され、4-104-10ページ程度の論文と2-3ページの速報が掲載されている。
 
==外部リンク==
匿名利用者