「ノート:首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス/過去ログ1」の版間の差分

(→‎冒頭文について: 鉄道路線なら書き出しは常磐新線、それにあわせる記事改名のデメリット)
 
:: 登録商標である、と、ブランド名である、は、意味が違います。[[#履歴不継承|履歴継承上の問題]]もあって悩ましい「みらい平・いちさと」関連記述をごっそり抜くなら、ブランド名と書かなくとも良いかもしれませんが、官報告示での表記が旧運輸省系と旧建設省系でそれぞれ「常磐新線」、「つくばエクスプレス」となっている点はどう考えますか。「つくばエクスプレスの方がよく使われているのであれば、『つくばエクスプレスは…鉄道路線である』で良い」というのは、今までの議論からすれば受け入れられる議論ではないと思います。鉄道路線である、と書くなら書き出しは「常磐新線は」か、「常磐新線 (通称: つくばエクスプレス)は」でしょう。この場合、記事名との整合が問題となります。書き出しのために常磐新線に記事を改名するよりは、わかりやすい記事名のために記事内で「ブランド名」と表記する方が結局は理解しやすいと思います。--[[利用者:Jms|Jms]] 2008年4月12日 (土) 15:59 (UTC)
::登録商標である、と、ブランド名である、は、意味が違いますが、「ブランド」は「商標」という意味です。官報告示での表記が「商標」なのでしょうか?--[[利用者:Vivo|Vivo]] 2008年4月12日 (土) 16:06 (UTC)
840

回編集