「比田井南谷」の版間の差分

編集の要約なし
'''比田井 南谷'''(ひだい なんごく、[[1912年]] - [[1999年]][[10月15日]])は[[書道家]]。
 
[[比田井天来]]と[[比田井小琴]]の次男。[[本名]]、比田井 漸(ひだい すすむ)
 
== 略歴 ==
 [[*1912年]] [[神奈川県]][[鎌倉]]にて生まれる。
 *[[1934年]] [[東京高等工芸学校]][[印刷工芸科]][[卒業]]
 *[[1935年]] 天来から南谷の号を受ける。
 *[[1948年]] [[山枡康子]](のちの比田井小葩)と[[結婚]]
 *[[1974年]] - [[1975年]] [[長野県]]、天来生誕地に建設の「[[天来記念館]]」の設立に協力。
 [[*1999年]] 10月15日没。
 
{{DEFAULTSORT:ひたいなんこく}}
{{People-stub}}
 
[[Category:書家]]
 [[1912年]] [[神奈川県]][[鎌倉]]にて生まれる。
[[Category:神奈川県出身の人物]]
 
 [[1934年]] 東京高等工芸学校印刷工芸科を卒業。
 
 [[1935年]] 天来から南谷の号を受ける。
 
 [[1948年]] 山枡康子(のちの比田井小葩)と結婚。
 
 [[1974年]] - [[1975年]] 長野県、天来生誕地に建設の「[[天来記念館]]」の設立に協力。
 
 [[1999年]] 10月15日没。
匿名利用者