「海上保安学校」の版間の差分

編集の要約なし
(Category:施設等機関とデフォルトソートを追加。)
{{海上保安庁}}
'''海上保安学校'''('''かいじょうほあんがっこう'''、英語名:Japan Coast Guard School)は、[[海上保安庁]]の職員の養成を目的に設置されている海上保安庁の[[施設等機関]]。略称は海保校、または保校。設置根拠は[[国土交通省]]組織令第二百五十四条。[[京都府]][[舞鶴市]]にある。全寮制であり、コースにより1年から2年の寮生活となる。
 
[[学校]]の目的は、国土交通省組織令で次のように規定されている。
:第二百五十六条 海上保安学校は、海上保安庁の職員に対し、海上保安業務を遂行するに必要な知識及び技能(幹部としての職務を遂行するに必要な知識及び技能を除く)。を修得させるための教育訓練並びに海上保安業務を遂行するに必要な専門的知識又は特殊技能を修得させるための教育訓練を行うことをつかさどる。
 
学生は入校と同時に[[国家公務員]]として海上保安庁の職員に採用され、学費は必要なく給与が支給される(2003年現在で俸給月額138,800円)。このように給与の支給される学校は他に[[海上保安大学校]]、[[防衛大学校]]、[[防衛医科大学校]]、[[陸上自衛隊生徒]]([[少年工科学校])、[[気象大学校]]、[[航空保安大学校]]などがある。防衛大学校や防衛医科大学校と同様に、卒業して[[海上保安官]]として任用されるまでは階級はない
 
== 海上保安学校課程 ==