「金融工学」の版間の差分

 
==概要==
金融工学は新しい学問領域であるといわれる。これは金融工学が1950年代以降、[[経済学]]・[[会計学]]・[[工学]]・[[数学]]など様々な学問領域と接点を持ちながら形成されてきたためである。金融工学の中でも画期的な研究としては、1950年代に[[ハリー・マーコウィッツ]]が示した[[現代ポートフォリオ理論]]や、1970年代に[[フィッシャー・ブラック]]や[[マイロン・ショールズ]]らによる[[デリバティブ]]の価格理論、Harrison,Kreps,Pliskaらによる確率同値における無裁定性と均衡などが有名である。
 
金融工学における[[プライシング理論]]が経済学と異なっていることは、[[一物一価]]の考え方に基づくところである。金融工経済での議論におけるプライシングは、[[需要]]と[[供給]]の完益関しおいてアロー・ドブリュー証券の仮定を置くことによって、同じ将来価値を生み出す[[財]]は同じ現在価値を持つ、という前提を組み立てる。たとえば、株のコール[[オプション]]と[[債券]]と[[株式]]を保有している投資家は、'''[[ポートフォリオ_(金融)|ポートフォリオ]]'''の組み合わせによって、瞬間的に[[超過収益]]を得ることができない。この関係から、3者の価格においては均衡式を得ることができるのである。金融工学の理論は、金融実務と密接に結びついており、金融工学理論から得られた算式は[[プライシング]]・[[リスク管理]]・[[会計]]の実務でも広く用いられており、金融工学の発展の背後には、金融実務への適用がある。
 
[[金融経済学]]([[:en:financial economics|financial economics]])や[[数理ファイナンス]]を理論的バックグラウンドとして持ち、[[金融機関]]が事業活動を通じて取り扱う様々なリスクを計測し、適切に管理することを目的として発展した。
533

回編集