メインメニューを開く

差分

検索に引っかかりやすいように改訂
'''浅野 知近'''(あさの ともちか、? - [[元和 (日本)|元和]]5年11月26日([[1619年]]12月31日))は、[[安土桃山時代]]から[[江戸時代#江戸時代初期|江戸時代初期]]の[[武将]]で[[安芸国|安芸]][[広島藩]][[浅野氏|浅野家]]の家老。浅野氏の一族。子に[[浅野知吉|知吉]]。別名は浅野良重、浅野氏重、浅野氏定。官途は左衛門佐。
 
16世紀末に、一族の惣領である[[浅野長政]]の[[甲斐国|甲斐]]入国に従って同国内で[[都留郡]]を知行。[[文禄]]2年([[1593年]])に[[勝山城]]を改築した。翌年には[[北口本宮冨士浅間神社]]の西宮本殿を造営している。長政の家督をついでいた[[浅野幸長]]が、[[関ヶ原の合戦]]の功により[[紀伊国|紀伊]]へ加増転封。知近はこれに従って[[田辺]]3万石に入部し、同11年([[1606年]])に[[田辺城|湊城]]を築いて筆頭家老の任についた。
 
幸長が慶長18年(1613年)に卒すると、知近は後継に幸長の三弟である[[浅野長重]]を推した。しかし次弟の[[浅野長晟]]が紀州藩主をついだため長晟のもとで[[大坂の陣]]に参戦している。夏の陣では同じ浅野家重臣の[[亀田高綱]]らと[[樫井の戦い]]で[[大野治房]]と交戦。治房が率いていた[[塙直之]]、[[淡輪重政]]の軍勢を破った。
 
元和5年([[1619年]])の[[福島正則]]の[[改易]]から長晟の[[安芸国|安芸]][[広島]]への[[転封]]が決まり、知近は[[広島城]]を受取の任を務めている。ところが、[[備後国|備後]]の[[三原城|三原]]で[[城代]]としての地位を望んだ知近に対し、長晟が[[三次城|三次]]3万石をあてがったことから対立し、同年11月26日に長晟に誅された。子の知吉も切腹。墓所は[[広島県]][[広島市]]の国泰寺。法号は義正院松雲相岩禅定門。
匿名利用者