「交響曲第3番 (ショスタコーヴィチ)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{クラシック音楽}}
'''[[ドミートリイ・ショスタコーヴィチ]]'''が[[1929年]]に作曲した'''交響曲第3番 Op.20'''は『'''メーデー''' (英語:First of May / ロシア語:{{lang|ru|Первомайская}})』という通称を持つ[[変ホ長調]]の[[交響曲]]である。単一楽章の作品だが、大きく4つの部分に分けることができる。最終部にはS・キルサノフ作詞による合唱がある。内容、演奏形態から見れば、第2交響曲の姉妹版であるが、委嘱作品であった前作と違い、ショスタコーヴィッチ自身が作曲を立ち上げたこと、作曲者自身が[[メーデー]]の祝祭的雰囲気を表現するために、前作に著であった前衛さは影を潜め、労働歌など親しみ易い旋律を引用するなど、相違が見られる。
 
作曲者自身の言葉「'''私は全世界のプロレタリアートが連帯するこの祝日の雰囲気を伝え、ソヴィエト連邦の平和なる建設を表現せんとした。闘争や熱意、それと『継続の精神』などが、一つの赤い糸となってこの作品に表わされている。」'''
匿名利用者