「式三番」の版間の差分

全体の構成を大幅修正。
(全体の構成を大幅修正。)
 
==概要==
能が成立する以前の翁猿楽の様式を留める芸能が式三番である。8世観世鐵之丞によると、もともとは五穀豊穣を祈る農村行事であり、翁は集落の長の象徴、千歳は若者の象徴、三番叟は農民の象徴であるとされる。能楽師たちの間では極めて神聖なものとされており、正月や舞台披きの際に最初に演じることが多い。また囃子方や地謡方も熨斗目の着物、素襖、侍烏帽子など特別の礼装を身につける。
 
[[父尉]](ちちのじょう)・[[翁]](おきな)・三番猿楽([[三番叟]](さんばそう)、大蔵流では[[三番三]])および[[風流]]から構成されるが、父尉・翁・三番猿楽はかならず連続して上演されたためにこの呼び名がある。現在では父尉は省略し{{要出典}}、翁を[[能楽師]]が、三番叟を[[狂言師]]が担当する。いずれも筋立てというほどのものはなく、老体の神があらわれて天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祝祷する[[神事]]的な内容である。[[五番立]](ごばんだて)の場合には[[脇能]]に先だって、全体の[[祝言]](しゅうげん)として演ぜられる。
 
式三番に要する役者は、翁役の大夫([[シテ方]])、千歳役([[上掛り]]ではシテ方、[[下掛り]]では[[狂言方]])、三番叟役(狂言方)、面箱持役(上掛りに限って出る。[[狂言方]]。三番叟の段で問答の相手役を勤める)、笛方、[[小鼓方]]3名、[[大鼓方]]の計8ないし9名のほかに、[[地謡]]、[[後見]]などである。[[小鼓]]は3丁で連調し(シテになる小鼓方を頭取、残りの2名を脇鼓という)、[[大鼓]]は三番叟にのみ加わる。[[太鼓方]]も舞台には出るが、式三番に続いて上演される脇能(わきのう)から参加し、式三番そのものには加わらない。
==別火==
能との顕著な違いの一つに、面を着ける場所がある。能においては面は舞台向かって左奥の「鏡の間」において着脱されるが、「翁」では面は舞台上で着脱される。また「鏡の間」への神棚設置や切り火によるお清め、別火(演じ手の茶の用意や、鼓を乾かす為の火を、特別な取り扱いとする)などによる舞台・演じ手の聖別も行われる。
 
なお、能楽において式三番は極めて神聖かつ重い曲として扱われており、翁、千歳、三番叟、囃子はそれぞれ[[習い]]とされている。流儀によってそれぞれに異なるが、素人・玄人ともに、[[女性]]による上演には一定の制限が加えられている(女性には許しを出さない、年齢制限を設ける等)。また上演にあたっては役者は一定の期間[[別火]](べっか)という物忌みを行い(特に女性と同じ火を使うことを忌む)、当日は[[鏡の間]]に祭壇をしつらえ、舞台に上がる前に各役が[[盃事]]と[[切火]]で身を清めるなど、特殊なしきたりがある(流儀によっては開演の前に舞台に切火を切ることもある)。
 
==「翁付き」==
稀に、「翁」に続けて連続で「[[高砂]]」や「[[養老]]」、「[[鶴亀]]」、「老松」などの能が同じ演者たちによって上演されることがある。これを「翁付き」と呼ぶ。「翁付き」となるのは目出度い内容の演目であり、またこの形式を採る演能は最も高い格式を持つ演能として扱われる。ただし囃子方などは3時間前後、舞台に上がりっぱなしとなる為、体力的にも最も高いものを要求される。
 
== 明宿集における「翁」論 ==
[[1964年]]([[昭和]]39年)に発見された[[金春禅竹]]による[[能楽]]理論書『[[明宿集]]』の中に、翁を論じた箇所が見える。禅竹は翁を「猿能の能の世界を司る存在」と捉えていたようである。老爺の容姿をしており、人間の目では無意識の状態でのみ姿を見ることが出来る存在。したがって、意識して見ようとすれば見えない存在である。
 
元来は、「[[北極星]]」あるいは「[[胎児]]の化身」などと考えられていたが同書によると、翁とは「[[宿神]]」つまり、この世とあの世を繋ぐ[[精霊]]のようなものと記されている。
 
== 舞台経過 ==
##'''三番叟の呪歌''':三番叟が千歳との問答形式で祝言の呪歌を謡う。
##'''鈴之舞''':三番叟が祝言の舞を舞う。
 
式三番に要する役者は、翁役の大夫([[シテ方]])、千歳役([[上掛り]]ではシテ方、[[下掛り]]では[[狂言方]])、三番叟役(狂言方)、面箱持役(上掛りに限って出る。[[狂言方]]。三番叟の段で問答の相手役を勤める)、笛方、[[小鼓方]]3名、[[大鼓方]]の計8ないし9名のほかに、[[地謡]]、[[後見]]などである。[[小鼓]]は3丁で連調し(シテになる小鼓方を頭取、残りの2名を脇鼓という)、[[大鼓]]は三番叟にのみ加わる。[[太鼓方]]も舞台には出るが、式三番に続いて上演される脇能(わきのう)から参加し、式三番そのものには加わらない。
 
舞台の経過は以下の通りである。一切が神事に準じて構成される。
 
*序段
:序段は神体の渡御、翁・三番叟の段はそれぞれ神の人間に対する祝福として演じられる。ゆえに面箱持(めんばこもち)もしくは千歳(せんざい)が翁および三番叟の面の入った面箱を持って先頭に立ち、以下翁大夫、三番叟、笛、小鼓、大鼓の諸役が順に幕から出て舞台に入る。このとき各役は[[常座]](じょうざ)で正面にむかって平伏の礼を行う(現在では大夫以外の礼は略されることが多い)。おのおのの役が座につくと、大夫の前に面箱を開いて置き、つづいて笛が座着きを奏する。
 
:その後、大夫役と地謡の掛合で「とうとうたらりたらりら……」という祝言の呪歌を謡う。
 
:以上の序段においては、大夫は翁(神)としてではなく、翁の神事を行う[[司祭]]としてふるまう。それゆえに[[直面]](ひためん)に素の装束(大夫の着ている[[烏帽子]](えぼし)、[[狩衣]](かりぎぬ)は翁役の衣裳ではなく、大夫の式服ととらえることができる)で舞台に出、右の祝言の呪歌においてもあくまで神体である翁の面に奉仕する心で勤める。
 
*翁の段
:序段に続いて、能楽師が中心となった翁の段が奏される。まず露払(つゆはらい)として若者の舞が行われる。これが千歳之舞(せんざいのまい)である。千歳は翁に先立って淀まず、すがすがしく勤めることが肝要とされており、地謡(じうたい)との掛合の後、二部に分って舞を舞う(それぞれ一之舞、二之舞という)。千歳之舞の間に大夫は翁の面を掛ける。これによって司祭役に神が憑依し、以降は神としてふるまい、諸人に祝福を与え、祝言を祈祷する形をとる。
 
:千歳之舞が終わると、地謡との短い掛合を受けて、翁が自らの祈祷する内容を舞台中央に立って朗々と謡いあげる。その内容は、天下泰平・国土安穏・五穀豊穣に加え、主人に対する千秋万歳であり、これは式三番が本来流浪の芸能者による[[門付]]芸能であった可能性を示唆するものである。
 
:さらにこれに引き続いて、囃子の伴奏による舞事として翁之舞(おきなのまい)が舞われるが、これは拍子(ひょうし)の踏み方や構え、型などの面において通常の能とはまったく別種の内容を持つ独自なものである。翁之舞が済むと、翁および千歳は退出する。
 
*三番叟の段
:翁の段に続いて、狂言師が中心となった三番叟の段が奏される。以降、囃子には大鼓(おおかわ)が加わる。序段と翁の段において、司祭役と翁役の二役を大夫が兼ねたように、三番叟の段においては露払役(翁の千歳に相当)と三番叟役を一人の狂言師が兼ねる。三番叟役の役者は、まず直面(ひためん)で揉之段(もみのだん)を舞う。これは千歳之舞と同様、淀まずさらさらと舞うことが肝要とされており、あくまで露払の舞としての格が大切にされる。翁の段との大きな違いは、三番叟の段における舞は翁や千歳のそれと異なり、具体的で写実的である点であり、揉之段は[[田植え]]の[[揉]]撒きの様を模したものだという。揉之段が終ると、三番叟役は三番叟の面を掛けて、以降は神としてふるまう。
 
:続いて三番叟の祝言謡が行われるが、これは翁のそれとは違って、問答の形式で行われる。問答の相手は、翁が上掛りで千歳をシテ方が行う場合には面箱持役が、下掛りで千歳を狂言方が行う場合には千歳役が相手をつとめ、いずれにしろ狂言方どうしで演ずるようになっている。
 
:問答の末、それでは祝言の舞を舞おうということに話が決まって、三番叟は鈴を手に持って鈴之段(すずのだん)を舞う。鈴之段も、翁之舞同様、通常の狂言には見られない特殊な型や構えを持っている。鈴之段の後、三番叟役と面箱持役もしくは千歳役は舞台を退出する。囃子方と地謡はそのまま居残って、間を置かずに脇能が奏される。
 
なお、能楽において式三番は極めて神聖かつ重い曲として扱われており、翁、千歳、三番叟、囃子はそれぞれ[[習い]]とされている。流儀によってそれぞれに異なるが、素人・玄人ともに、[[女性]]による上演には一定の制限が加えられている(女性には許しを出さない、年齢制限を設ける等)。また上演にあたっては役者は一定の期間[[別火]](べっか)という物忌みを行い(特に女性と同じ火を使うことを忌む)、当日は[[鏡の間]]に祭壇をしつらえ、舞台に上がる前に各役が[[盃事]]と[[切火]]で身を清めるなど、特殊なしきたりがある(流儀によっては開演の前に舞台に切火を切ることもある)。
 
== 歴史と原形態 ==
{{独自研究}}
現在、式三番と呼ばれている芸能は能楽の中でも最も古い起源を有するものであり、その古風をよく伝えているが、本来の形態と現行のそれにはいくつかの点において相違が見られる。以下、式三番の歴史的推移を述べつつ、あわせて右の形態の変化について触れてゆく。
 
式三番は明らかに能および狂言に先立つ能楽・[[猿楽]]の芸能であり、起源的には当時「[[翁猿楽]]」とも呼ばれた式三番こそが猿楽本来の芸であったと考えられる。その発生はおよそ[[平安]]末期に遡ることができようが、[[文献]]的な資料が少ないために多くの場合推測に頼らざるをえない。式三番・翁猿楽に関する記録の初出は、『春日臨時祭記』の[[弘安]]六年([[1283年]])臨時祭の条で、役名と[[配役]]とが簡単に記されている。この折、式三番を勤めたのは[[興福寺]]の[[僧侶]]である。
 
また、右の『春日臨時祭記』に拠れば、式三番の役々は「児、翁面、三番猿楽、冠者、父允」の五役であったとされており、その形態は現在のものと比較して大いに異なる。
 
[[観阿弥]]・[[世阿弥]]によって能が大成される直前の[[鎌倉時代]]末期ごとまでは、式三番が猿楽および猿楽座の中心を成す演目として捉えられ、その権威を認められていたであろうことについてはいくつかの傍証がある。『[[世子六十以後申楽談義]]』などの記述に従えば、鎌倉時代最末期から[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]にかけては、「長」と呼ばれる[[一座]]の[[長老]]が翁を担当し、あわせて座を裁量していたごとくに思われ、時代が下るに従って翁猿楽以外の能が世人の愛好を受けるようになると、座の中で長を中心とする翁猿楽のグループと[[太夫]]を中心とする猿楽(能)のグループに、その職能が分担されていったらしい。しかし、後には、一座の[[棟梁]]たる[[役者]]の権威を示す役として式三番の翁が重視されていたこともあり、人気や貴顕の庇護を背景に太夫の地位にある者が翁を舞うことも次第に多くなっていったらしい。
 
長の地位にある役者以外ではじめて式三番の翁を勤めた者として、記録にその名を留めているのは観阿弥である。観阿弥は[[永和 (日本)|永和]]元年([[1375年]])もしくはその前年に、[[洛中]][[今熊野]]における演能において翁を勤め、専門以外の役者による式三番の上演に先鞭をつけた。その次の世阿弥の世代になると、猿楽(能)の太夫による式三番の上演は決してめずらしいことではなくなる。また、ふたたび『申楽談義』に拠ると、このなかで世阿弥は、かつて『春日臨時祭記』の記述どおり五役であった翁猿楽は、今では千歳、翁、三番叟の三役による形態であり、特殊な神事能にかぎって父尉と延命冠者を加えると述べている。
 
以後、[[室町時代]]初期には、すでに猿楽(能)の役者が主導して式三番を上演する現在の形態が大多数の座において通常のものとなっていたらしいが、なお春日神社の薪能などにかぎっては専門の役者が式三番を勤めることが伝統的に行われていたらしい{{要出典}}。
 
以上のほか、[[黒川能]]においては「所仏則翁」という特殊な翁があり、面は父尉を用いるところから、これも一種の父尉の変形ではないかとも考えられる。ただし「所仏則翁」は、千歳と三番叟の間に演じられ、通常の翁がこれに付属することはない。
 
現行の式三番(翁)における「父尉延命冠者」の小書は、五役による原形態の式三番の名残を引いたものと考えられるが、翁の呪歌の部分と父尉・延命冠者の呪歌の部分をひとつの謡で代用してしまっている点で、後人の作為がつよい{{要出典}}。「父尉延命冠者」の小書では、千歳二之舞の後を以下のように演じ、翁役が父尉の、千歳が延命冠者の代りを勤めている。
----
翁  「あれはなぞの小冠者や。
 
地  「[[釈迦牟尼]]仏の小冠者ぞや。生れし所はトウ利天。
 
翁  「育つ所は花が。
地  「園ましまさば。疾くしてましませ父尉。親子と共に連れて御祈祷申さん。
翁・千歳「一天雲収つて日月の影明し。雨潤し風穏やかに吹いて。時に従つて旱魃水損の畏れさらになし。人は家々に楽しみの声絶ゆることなく。徳は四海に余り。喜びは日々に増し。上は五徳の歌を謡ひ舞ひ遊ぶ。そよや喜びにまた喜びを重ねぬれば。ともに嬉しく。
 
地  「物見ざりけりありうとうとう。
 
翁  「そよや。
 
翁之舞
翁  「千秋万歳の。祝ひの舞なれば。ひと舞舞はう万歳楽。
地  「万歳楽。
翁  「万歳楽。
地  「万歳楽。
(以下三番叟は通常と同じ)
 
== 詞章 ==
 
大夫「とうとうたらりたらりら。たらりあがりららりとう。
 
地謡「ちりやたらりたらりら。たらりあがりららりとう。
 
大夫「所千代までおはしませ。
 
地謡「我らも千秋さむらはう。
 
大夫「鶴と亀との齢にて。
 
地謡「幸ひ心に任せたり。
 
大夫「とうとうたらりたらりら。
 
地謡「ちりやたらりたらりら。たらりあがりららりとう。
 
千歳「鳴るは瀧の水。鳴るは瀧の水。日は照るとも。
 
地謡「絶えずとうたりありうとうとうとう。
 
千歳「絶えずとうたり。常にとうたり。
 
千歳之舞(一之舞)
 
千歳「君の千歳を経んことも。天津乙女の羽衣よ。鳴るは瀧の水日は照るとも。
 
地謡「絶えずとうたりありうとうとうとう。
 
千歳之舞(二之舞)
 
翁  「総角やとんどや。
 
地謡「尋ばかりや。とんどや。
 
翁  「坐していゐたれども。
 
地謡「参ろうれんげりやとんどや。
 
翁  「千早振る。神のひこさの昔より。久かれとぞ祝ひ。
 
地謡「そよやりちや。
 
翁  「およそ千年の鶴は。万歳楽と謡うたり。また万代の池の亀は。甲に三極を備へ
たり。渚の砂。さくさくとして朝の日の色を朗じ。瀧の水。冷々として夜の月鮮やかに浮んだり。天下泰平国土安穏。今日の御祈祷なり。
 
 
翁  「ありわらや。なぞの翁ども。
 
地謡「あれはなぞの翁ども。そや何処の翁とうとう。
 
翁  「そよや。
 
翁之舞
 
翁  「千秋万歳の。喜びの舞なれば。一まひ舞はう万歳楽。
 
地謡「万歳楽。
 
翁  「万歳楽。
 
地謡「万歳楽。
 
三番叟「おおさえおおさえ。喜びありや。喜びありや。我がこのところより外へはやらじとぞ思ふ。
 
三番叟揉之段
 
三番叟「あらめでたやな。ものに心得たるあどの。あどの太夫殿に見参申さう。
 
面箱持「ちやうど参つて候。
 
三番叟「誰がお立ちにて候ぞ。
 
面箱持「あどと仰せ候ほどに。随分ものに心得たるあどまかり立つて候。
 
三番叟「ほう。
 
面箱持「今日の御祈祷を。千秋万歳めでたいやうに。舞うてをりそへ色の黒い尉殿。
 
三番叟「この色の黒い尉が。今日の御祈祷を千秋万歳めでたいやうに。舞ひおさめうずることはやすう候。あどの太夫殿には重々ともとの座敷へ御直り候へ。
 
面箱持「それがしもとの座敷へ直らうずることは。尉殿の舞よりもつてやすう候。まづ御舞ひ候へ。
 
三番叟「ただ御直り候へ。
 
面箱持「まづ御舞ひ候へ。
 
三番叟「いやただ御直り候へ。
 
面箱持「さあらば鈴を参らせう。
 
三番叟「あら様がましや候。
 
三番叟鈴之段
 
== 小書 ==
*式能のためのもの
:;初日之式、二日之式、三日之式、(四日之式)、法会之式
:江戸時代の式能において、数日間にわたって五番立の演能が行われる場合、初番の式三番は毎日同じもので飽きがくるために、各種の小書がつくられた{{要出典}}。各々その小書名にある日の演能に用いる(法会之式は法会用)。いずれも詞章に多少の違いがあるだけで、内容が大きく異るわけではない。小書のつかない[[常の型]]は四日目の式三番であるといわれるが、本来これが正規のものであったのを、後人が補って他の型を作ったものだろうとも言われる{{要出典}}。
 
*父尉延命冠者
:「歴史」の項参照。
 
*立合もの
:;[[弓矢立合]]、船立合、十二月往来
:翁の数が三人(弓矢立合・船立合)に増え、祝言の謡を謡いながら[[相舞]]([[翔]])をする。この小書にかぎって異流の太夫どうしで演じる特殊な演目である(地謡は混成)。すでに室町時代の[[多武峰]]猿楽に[[四座]]立合の翁が奉納され{{要出典}}、その由緒は古い。なお、弓矢立合は江戸時代に[[幕府]]の[[謡初]]式でかならず演じられた由緒ある曲である{{要出典}}。
 
==「翁付き」==
稀に、「翁」に続けて連続で「[[高砂]]」や「[[養老]]」、「[[鶴亀]]」、「老松」などの能が同じ演者たちによって上演されることがある。これを「翁付き」と呼ぶ。「翁付き」となるのは目出度い内容の演目であり、またこの形式を採る演能は最も高い格式を持つ演能として扱われる。ただし囃子方などは3時間前後、舞台に上がりっぱなしとなる為、体力的にも最も高いものを要求される。
 
== 明宿集における「翁」論 ==
[[1964年]]([[昭和]]39年)に発見された[[金春禅竹]]による[[能楽]]理論書『[[明宿集]]』の中に、翁を論じた箇所が見える。禅竹は翁を「猿能の能の世界を司る存在」と捉えていたようである。老爺の容姿をしており、人間の目では無意識の状態でのみ姿を見ることが出来る存在。したがって、意識して見ようとすれば見えない存在である。また同書では、翁とは「[[宿神]]」つまり、この世とあの世を繋ぐ[[精霊]]のようなものと記されている。
 
==参考文献==
7,218

回編集