「超大国」の版間の差分

 
====文化的要素====
アメリカの文化発信力・インターネットの発達世界一である非常に高い。[[大衆文化]]から[[サブカルチャー]]発祥元でもある[[インターネット]]、[[映画]]、[[テレビ]]などの媒体を使って、昼夜問わずほぼ世界中に発信されている。[[ハイカルチャー|上位文化]]に分類されまでそ[[学術]]分野についても、[[経済学]]、[[社会学]]、[[生化学]]、[[計算機工学]]、[[システム工学]]など、各分野層は厚[[権威]]や発表の場である[[学術会議]]が集中して。また事実上の世界共通語である英語を使用しているという優位をもっている。
 
しかし、アメリカ長い[[ヨーロッパ文明]]から分かれ出てからの歴史が比較的浅、独自の[[伝統]]文化に乏しい<sup><span title="要出典">''<nowiki>[</nowiki>[[Template:要出典|<span title="要出典">要出典</span>]]<nowiki>]</nowiki>''</span></sup>と考えられる傾向があるかつまた、あらゆる[[民族]]によって構成される[[移民]]国家であり、移入民族による文化的多様性をもっている一方、アメリカ独自の文化は一面では全国的[[野球]]や[[アメリカンフットボール]]のようなスポーツ、[[ハリウッド]]の[[アクション映画]]に代表されるように画一化、[[規格化]]されてい一方、民族によって異なる多様性をもってい傾向がある。[[アメリカ合衆国#大衆消費文化|大衆消費文化]]はアメリカ的自由の象徴として受け止められる一方で、時に一部の知識人から低俗であるという見方をされる場合もある<sup><span title="要出典">''<nowiki>[</nowiki>[[Template:要出典|<span title="要出典">要出典</span>]]<nowiki>]</nowiki>''</span></sup>
 
====地理的要素====
1,252

回編集